NHKの番組「目撃!日本列島」自閉症の息子に残す道・末期がんの母より~幸せは”あなた”の中に を見た

      2016/12/31

 

2016年4月30日(土)連休の初日にNHKのドキュメンタリー番組を見ました。

「目撃!日本列島」自閉症の息子に残す道・末期がんの母より~幸せは”あなた”の中に  という番組でした。           AM11:30~11:53

番組の内容紹介と少しの感想を書いてみたいと思います。

sponsored Link

障害をもつ子供を持った親が考えることのひとつに

「私が(親が)死んだ後この子はどうなるのだろう」ということです。

障害の種類はさまざまであっても、この難問を必ず思うようです。

この番組で紹介されたのは自閉症の息子(今は27才)と母親でしたが、
母親は乳がんが末期がんとなっている状態でした。

テレビで語られたことは
◎産まれた時は元気な男の子だった。

◎2歳のころ、他の子とは違うと感じた。

キャプチャ1077

◎3歳の時に自閉症と診断された。

◎母親がその時思ったことは

「ああ、未来がないんだ。ガールフレンドを連れてきたり、車の免許を取ったり、進学したり・・・そういう普通の子にはある未来がこの子にはない。かわいそうな子供」という考えでした。

◎子供に枕を押し当て、「お母さんもすぐ後から行くから」と思ったこともあったそうです。

しかし息子が幼稚園で書いた絵を見て驚きます。

書かれている動物や人たちがみんな笑っていたのです。

2014-11-08 02.45.10

 

そしてこう思います。

2014-11-08 02.45.28

 

2014-11-08 02.45.39

そうして、時が経ちます。

息子は人を思いやるこころのある青年に育ってゆきます。

母は1冊の本を書きます。

2014-11-08 03.03.43

母は乳がんになり、手術を受けますが、再発し骨にも転移しており末期がんと診断されています。

人との交流が難しい息子のために、母はずっと息子の散髪をしてあげていたのですが、美容院に連れてゆき、無事散髪がしてもらえることを確認するシーンも描かれます。
「これで今後ここで自分で散髪できる」と思います。

優しい息子は家でも家事をやってくれます。

2014-11-08 02.56.18-1

母は英会話の勉強をしています。

2020年の東京オリンピックでガイドをやることが夢だと、語ります。

DSC_0472

しかしやはり抗がん剤の治療のせいもあって、夜もひどい痛みに苦しむこともあります。

道を歩く時は息子に手を引いてもらうような歩き方になります。

 

2014-11-08 03.05.17

番組はここで終わりました。

短い番組だったので、少し物足りなさも感じましたが、
これ以上の情報は必要ない、という気もします。

このドキュメントのハイライトは、「絵」によって気づく箇所だったと思います。

sponsored Link

 

 

 

 - TV