2018/04/03

新聞の人生相談に勝手に回答:「実家を出ない兄 父と確執」

 

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

Sponsored Link

こんにちはorこんばんわ

久しぶりに「新聞の人生相談に勝手に回答」シリーズです。

*読売新聞の「人生案内」欄(平成30年3月30日)からの引用です。

今回の相談はコレです。

質問者の書いていることの整理

質問の文ですが、一読してすこし分かりにくい気がしましたので、復習してみます。
(  )内は筆者のコメントです。

1.相談者は40代会社員男性。
(相談対象の兄の年齢が良く分からない。ここはちゃんと書いて欲しかった。相談者が40代前半なら兄は40代半ばまたは後半か?)

2.十分な収入のある兄は両親と同居している。

3.兄は好きなことを自由にやっている。食事ほか、親に頼った生活をしている。

(ここまでは、まあ分かります。次の一節が読んだ時?でした)

4.「生活費の大部分を出していますが、足りない分は父が少ない年金から工面しています」
(大部分を出しているのは兄ですね。大部分というのは一家の総生活費の大部分という意味でしょうか?それとも兄の相応な負担分の大分部ですか?

足りない分は父が工面ということですが、一家の生活費のことなら、年金生活者なら当たり前のことではないですか?兄の足りない分まで出してあげている、と言いたいのでしょうか?その辺がイマイチ分かりません。
多分わざわざ書いているということは後者の意味なんでしょうね。)

(次の文は、読んだ時不可解に感じました)
5.母は「お父さんと二人になるのは嫌」と言い出し困っています

(ここで初めて相談者は家を出ていて(多分結婚している?)今は実家では両親と兄の3人で暮らしていることが分かりました)

(お父さんとお母さんの関係は別の問題として後回しにして、困っているのは質問者ですが、何故困るのでしょうか?余計なお世話じゃないでしょうか)

(最後の一文は「小学生か!」と思いました(笑))
6.「兄には、両親に迷惑をかけないでほしいです」

■以上まとめてみました。

Sponsored Link

結局、相談者の聞きたいこと、意図は何なのか

この質問全文を読んで、読んだ人は何を感じ、思うでしょうか?

結局、家族の問題ですね。

父ー母 の関係。 兄ー弟(相談者)の関係。父ー兄の関係。父ー弟の関係。母ー兄の関係。つまり4人の全部の関係です。

相談者の相談ですが、本当にお父さんから、「どうにかして欲しい」と相談されているのでしょうか?

お兄さんは両親と同居して、「二人にはなりたくない」と思っているお母さんとお父さんの間で、なんかの役目を果たしている面があるのじゃないですか?

相談者がこの相談を書いた理由ですが、お兄さんのことを羨んでいるのではないでしょうか?

自由に自分のしたいことをやっている兄、いつまでも親がかりで。
(相談者と違って)いい収入も自由に使っている兄。
そんなお兄さんが羨ましくて、余計なお節介をしているのでは?
羨ましさが憎たらしさになっていませんか?

お父さんが年金を使って生活が成り立っているならそれでいいじゃないですか。相談者は兄の将来の心配はしていませんよね。
じゃあ、両親の心配ですか?
お兄さんが家を出ると、両親は離婚する可能性もあるかもです。

「両親に迷惑をかけないでほしい」と書いていますが、本当にお兄さんは迷惑をかけているのでしょうか? 

まとめ

結局、相談者の一家(父、母、兄、弟)のそれぞれの関係の問題ですね。

結論:あなたは両親と兄のことには首を突っ込まないで、自分の人生を生きればいいのです。

本当にお父さんが困り果てて相談してきたら、お父さんには「それよりお母さんの心配したほうがいいよ」と忠告してあげて下さい「お母さんはお父さんと二人の暮らしは嫌だって。どうする?」と。

以上ですっ!

Sponsored Link

 

この記事が気に入っていただけたら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。
 

Copyright© ジャズの名盤 , 2018 All Rights Reserved.