かってMt.FUJI Jazz Festivalで数々の名演があった:国宝的動画ベスト5!

   

1986年に始まったマウント・フジ・ジャズ・フェスティヴァルで数々の名演が繰り広げられました。

sponsored Link

*このフェスは90年代半ばまで続いたと思いますが、ちょうどその時期日本にいなかった筆者は残念ながら一度も行くことができませんでした。

残された画像で見ると、今では信じられないほどのビッグ・ネームが登場しています。

その後数年のうちに亡くなったプレイヤーも多く、今となっては貴重な映像だと思われます。

ベスト5をアップしたいと思います。
映像をアップされた方に感謝です。どうか永久保存してください。

*それぞれの演奏が10分超ですからこころしてお聞きください。
忙しい方は1位だけでもお聞きください。

1位 Song From The Old Country/ジョージ・アダムス=ドン・プーレン・カルテット(’87)

1位はこれしかあり得ません。

Don Pullen:piano
George Adams:tenor sax
Cameron Brown:bass
Dannie Richmond:drums

圧倒的に聴衆の心をつかんでいます。

これを聴いてジャズ・ファンになった方もいると思われます。

4人が4人とも筆舌に尽くしがたく素晴らしい。

このバンドはこの後、数年連続で出演します。
ただ、ドラムスのダニー・リッチモンドがこの翌年’88年3月に亡くなりました。よって翌年からドラムスはルイス・ナッシュになります。

ダニーの最後の姿を捉えた映像としても貴重です。(この映像でもやせ細っていますから、体調は良くなかったと思われます)

ジュディ・オングがチラッと写りますね。

2位 BLUE BOSSA/ Jam Session (’89)

 

Don Sickler:tp
Shigeharu Mukai:tb
Bobby Watson:as
Bobby Hutcherson:vib
Don Pullen:p
Cameron Brown:b
Lewis Nash:ds

途中アルトのボビー・ワトソンが日本女性に煙草(マルボロ)に火をつけてもらって喜んでいるのが何とも微笑ましい。

そのワトソンのソロ、見事!というしかない。
そして、向井のソロも見事!というしかない。

臨時編成バンドの3管がこれほど素晴らしいのはJazzという音楽の見事な達成!

sponsored Link

3位 A Night In Tunisia/Jam Session(’91)

 

Terrence Blanchard:tp
Billy Pierce:ts
Benny Green:p
Charnett Moffett:b
Lewis Nash:ds
Ralph Peterson:ds
George Adams:ts
Terumasa Hino:cor
Shigeharu Mukai:tb

この演奏はその前の年に亡くなったアート・ブレイキーに捧げられています。

4位 Cool Struttin’/ジャッキー・マクリーン &ウディ・ショウ (’86)

 

Jackie MacLean:as
Woody Shaw:tp
Baster Williams:b
Blly Higgins:dr
Ceder Walton:p

ウディ・ショウも素晴らしいトランぺッターだったのですが3年後の′89年に44歳の若さで亡くなりました。(何かマウント・フジ、少し不吉な感じがします)

5位 Serenade For Sariah/アダムス=プーレン (’87)

1位と同じ時の演奏です。

ダニー・リッチモンドが’88年に亡くなったことは書きましたが、
アダムスも’92年に52歳で亡くなります。
そしてプーレンが’95年に53歳で亡くなります。

他にもディジー・ガレスピーとかアート・ブレイキー、ミルト・ジャクソンなどの大物も出演しているのですが、演奏の感動力でこちらにしました。

おわりに

上に書きましたように、まだたくさんの有名プレイヤーの演奏が残されています。

このような大規模なジャズ・フェスはもう(日本では)開催は難しいと思われます。

ジャズという音楽の在り様も変質しましたからね。

マウント・フジ・ジャズに実際に行かれた方、貴重な経験でしたね。

sponsored Link

 

この記事が気に入っていただけたら
いいね ! しよう

Twitter で

 - ジャズ