マイケル・ブーブレの「CRAZY LOVE」はポップス、ロックファンにもおすすめ出来るアルバム

      2018/02/17

Sponsored Link

マイケル・ブーブレ 押しも押されぬ国際的スターとなりました。

甘いマスクで、フルバンドを従えてフランク・シナトラ張りの歌唱。

デビュー以来の3枚のアルバムで、好評だったのですが

「ちょっともう飽きた」と感じてある方もいるでしょうか?

そこで、このアルバム「CRAZY LOVE」を聴き逃してある方

これはおすすめです。新境地を開拓しています。

ブーブレの基本情報

マイケル・ブーブレMichael Bublé

1975年9月9日生まれ(まだ42歳)

カナダ出身。あのポール・アンカが偉大なる先輩ということになりますね。

デビューした時からその声の良さ、歌の巧さで、大評判になりました。
しかし、巧すぎて飽きられるみたいな現象は昔からあるんですよね。
そこを一山乗り越えたと思われるのが今日紹介する1枚です。

CRAZY LOVE

華々しいデビュー以来の経歴なのですが、スタンダードナンバーを歌うだけでは、さすがに飽きられるかも・・・という懸念はありました。

そこで出たのがこのアルバムです。

 

【収録曲】
1. クライ・ミー・ア・リヴァー
2. オール・オブ・ミー
3. わが心のジョージア
4. クレイジー・ラヴ
5. 素顔のきみに
6. あなたの夢ばかり
7. ホールド・オン
8. ハートエイク・トゥナイト
9. 誰かがあなたを愛すまで
10. ベイビー(ユーヴ・ガット・ホワット・イット・テイクス) (ウィズ・シャロン・ジョーンズ&ザ・ダップ・キングス)
11. アット・ディス・モーメント
12. スターダスト (ウィズ・ナチュラリー7)
13. ホワットエヴァー・イット・テイクス (ウィズ・ロン・セクスミス)

14. サム・カインド・オブ・ワンダフル (日本のみボーナス・トラック)
ーーーーーAmazon より

◎アルバムのタイトル曲「Crazy Love」 は、ポール・アンカにも同タイトルのヒット曲がありますが、
ここで歌われるのは、アイルランド出身のシンガー・ソングライター、ヴァン・モリソンVan Morrison の曲の方です。(このオリジナルもとてもいいので、機会があったら聴いて下さい)

◎得意のジャズ・スタンダードナンバーも歌いますが、ポップス、ロック系のカバーも多く入っています。

歌い方も選曲に応じて、ジャズ・ヴォーカルというよりポップス系の歌い方もしているのですが、それがとても自然に聞けるのです。

ジャズファンのみでなく、ロック、ポップス系の曲を聴いてある方にもおすすめのアルバムになりました。

◎このアルバムから5曲をアップします。

Sponsored Link

Hold On

とにかく聴きましょう。

Hold On ーーー美しいバラードです。

●もうね、ジャズだ、ロックだ、ポップスだとかのジャンル分けにこだわっているのが馬鹿馬鹿しいことだと、思わせてくれます。

ただ、美しく、ステキな歌 で十分ですね!

 

All I Do Is Dream Of You あなたの夢ばかり

次は少し楽しい曲を聴きましょう。

●’60年代風ドゥー・ワップ・コーラスが入って懐かしい雰囲気が漂います。

途中からバックバンドにノッてスイングします。このあたりはブーブレが得意とするところですね。

 

You’re Nobody Till Somebody Loves You

また美しいバラード曲を。

 

●タイトルを直訳すると「誰かがあなたを愛するまで、あなたは何者でも無いんだ」みたいな・・・

バラード曲と書きましたが、後半はかなり歌い上げています。
しかし、ブーブレ一皮むけたように感じます。
30代のころより歌に深みのようなものが出たと思うのは私だけでしょうか?

 

Sponsored Link

Some Kind Of Wonderful

つぎ、行きます^^

●これはまた’60年代ポップスのような懐かしい曲調です。

わたし、これ聴きながら、色んなことを思い出していました。

この曲作りはまるでフィル・スペクターのようですね。
大瀧詠一が生きていたなら、喜んだと思います!。
そしてブーブレの声はロイ・オービソンを思い出させました。(何故か?)

◎ 大瀧詠一:J・POPの基礎を作った男の経歴、代表作

◎ オールディーズ・懐かしのアメリカンポップス-リッキーネルソン、ブレンダリー、ロイオービソン 

✡ ✡ ✡

◎このようにこのアルバム、聴きどころ満載のアルバムです。

この調子だと全曲アップすることになりますのであと1曲にします。

Geogia On My Mind 

最後はみなさん知ってある曲「我が心のジョージア」にします。

まとめ

まとめと言っても、もう十分です。

マイケル・ブーブレの新境地を紹介できただけで嬉しいのです。

いい曲が多すぎて、タイトル曲〈Crazy Love〉をかけることができませんでした。これもすごくいいのです。

いま、このあとの最新アルバムが出ていますが、聴いていません。

聴くのが怖いのです。

 

最後まで付き合って下さってありがとうございます

Sponsored Link

 

 

この記事が気に入っていただけたら
いいね ! しよう

Twitter で

 - ジャズ, 音楽