JAZZという音楽の魅力を中心に

ジャック・マクダフとジミー・フォレストの共演がかっこ良くないはずがない・The Honeydripperなど

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

Sponsored Link

暑かった2018年夏もようやく終わりかけているようです。

そろそろ(暑すぎて聴けなかった)ブルージーなジャズでも聴きましょう。

オルガンのジャック・マクダフとテナー・サックスのジミーフォレストの共演盤を2枚紹介します。

ジャック・マクダフ

ジャックマクダフ(Jack McDuff、1926年9月17日-2001年1月23日・74歳没)は、アメリカ合衆国イリノイ州出身のジャズ・オルガン奏者。1960年代のソウル・ジャズの代表的なプレイヤーの一人。
ーーーwikipedia

ジャズ・オルガンと言えばジミー・スミスが突出して有名ですが、このマクダフもブルージーでカッコいいオルガニストでした。

ジミー・フォレスト

1920.1.24 – 1980.8.26 (60歳没)
米国のテナーサックス奏者。
ミズーリ州セントルイス生まれ。

フォレストの演奏はジーン・アモンズなどのボステナーの系列に加えられるでしょう。しかし、フォレストはそれにとどまらない、風格のあるテナーマンでした。その余裕のある落ちついた演奏はジャズの、テナーサックスの、カッコよさを明快に感じられるものでした。
筆者は大好きなテナーの一人です。

代表作:Sit Down and Relax with Jimmy Forrest

 

タフ・ダフ Tough ‘Duff

1枚目はこれです。

このアルバム

ジャック・マクダフ × ジミーフォレスト × レム・ウィンチェスター

マクダフとフォレストに加え、更にヴァイブのレム・ウィンチェスターも聴けるという珍しいアルバムなのです。

レム・ウィンチェスターはミルト・ジャクソンの牙城に迫れるかという程の腕前を持ったヴァイブラフォーン奏者だったのですが、ロシアン・ルーレットのという、つまらない事故で32才で亡くなっていますので、録音が多くない人なのです。

とにかく1曲聴きましょう。

Smooth Sailing

〈Night Train〉に似たソウルブルースでした。

枯葉 Autumn Leaves

「枯葉」もやっていますので聴きます。

 

ジミー・フォレストはわざとヤサグレ感を出すような音を出しているのですが、どこか品の良さが残ります。スケールの大きいサックス吹きだったと思います。 筆者は好きです。
それから、ウィンチェスターのヴァイブの魅力の一端も分かって頂けたのではないでしょうか?
ブルージーにねばる叩き方が出来るプレイヤーでした。

Sponsored Link

ハニードリッパー The Honeydripper

さて次のアルバムです。

こんどは

ジャック・マクダフ × ジミーフォレスト × グラント・グリーン

こんどはマクダフ、フォレストにグラント・グリーンのギターが入るという、
これまたしびれる布陣のアルバムです。

Grant Green (1935年6月6日 – 1979年1月31日・43歳没)

これも前の盤と同じで、マクダフがベースラインを弾きますので、ベース無しでドラムスが入るだけのカルテット演奏です。

The Honeydripper

タイトル・ナンバーです。

 

マクダフのオルガンとフォレストのテナーのカッコよさは前のアルバムと同じですが、 グラント・グリーンのギター・ソロが入ってくるとゾクッとしますね。 グリーンのシングルトーンはやはり魅力に溢れています。

I Want A Little Girl

I want A Little Girl というブルースのスタンダード曲を聴きましょう!

 

えー、何でしょうね。このグルーブ感。ソウル、ブルース、ジャズが一体となっています。

Dinky’s Blues

最後にジミーフォレストが余裕綽々とヨタってみせるブルース・ナンバー
〈Dinky’s Blues〉を聴いて終わりにします。

 

まとめ

Tough ‘Duffが’60年、The Honeydripperが’61年のアルバムでした。

録音されて60年近くが経ち、ここに登場した人達も皆故人となっています。

ーーーーーー

カッコいい人たちでした。

今聴いてもそう思えます。

最後まで見ていただいてありがとうございます

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2018 All Rights Reserved.