ルシアーナ・スーザの完全ジャズアルバム「The Book of Chet」はチェット・ベイカーへの見事なオマージュ

   

Sponsored Link

Luciana Souza :ルシアーナ・スーザはブラジル、サンパウロ生まれのポップス、ジャズ歌手です。

誕生日は英文Wikipediaでは 1966年7月12日 で
日本語Wikipediaでは    1966年6月生まれとなっています。

またSouza の発音はルシアナの場合、ほとんどスーザと表記されています。

同じブラジル出身歌手 Karen Souzaはカレン・ソーサ または ソウザ と表記されています。

だからスーザ、ソウザ 、ソーサ、ソウサ、のどれが正しいのかよく分かりません。

anyway・・・・・・・・・・・

英語、ポルトガル語で歌いますが、ジャズを歌う時は英語が多いようです。♪

ルシアーナのシルキーでアンニュイな歌声は、梅雨から夏の時期に聴くにはぴったりかもしれません。

チェット・ベイカー・ソングブック

チェット・ベイカー
1929ー1988

 

今日紹介したいのは、そんなルシアーナがチェット・ベイカーの愛唱曲を集めたアルバム
The Book of Chet です。

1.The Thrill Is Gone
2.Forgetful
3.He Was Too Good To Me (この曲 チェットは当然 She was too Good ~と歌っていました)
4.I Get Along With You Very Well
5.Oh,You Crazy Moon
6.The Touch of Your Lips
7.The Very Thought of You
8.I Fall In Love Too Easily
9.I Don’t Stand A Ghost of A Chance With You
10.You Go To My Head

いずれも有名なスタンダードナンバーです。
伴奏は
Larry Koonse :guitar
David Piltch:bass
Jay Bellerose:drums and percussion                 Recorded in April,2012 

Sponsored Link

動画

彼女自身のサイトで 同時に発売された2枚のアルバム
・The Book of Chet 
・Duos Ⅲ

を紹介している動画を見てみます。

Duos Ⅲ のほうも良さそうですね。(私は持っていませんが)

チェット・ベイカーへのオマージュ盤のほうですが

ベイカーの Quiet Loneliness を見事に表現しているように感じます。

6.The Touch of Your Lips
7.The Very Thought of You
8.I Fall In Love Too Easily

あたりがこのアルバムのハイライトのようです。

YouTubeではいずれもアップされていませんので、

ブラジル音楽を歌うルシアーナを聴きましょう。

Luciana Souza & Oscar Castro Neves – Não me diga adeus とクレジットされた曲です。

ルシアーナの両親とも音楽家だったようです。

☆ルシアーナ・スーザの歌声いかがだったでしょうか?

★Thank you for looking at the site, see you again.

Sponsored Link

この記事が気に入っていただけたら
いいね ! しよう

Twitter で

 - ジャズ