JAZZという音楽の魅力を中心に

エリスとブランフォード・マルサリス親子のアルバム「LOVED ONES」は全て女性の名前の曲で構成されている

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

Sponsored Link

エリス・マルサリス(ピアノ)とブランフォード・マルサリス(サックス)の父子で作ったアルバムに「LOVED ONES」というものがあります。

*余談ーー昔トニーリチャードソン監督に「The Loved One 」という映画があって、Loved Oneとは「愛された人」→「死者」という意味でした。しかしこのアルバムではそういう意味ではないようです。 

そこに収められた14曲を見ていると、全ての曲の題名の中に女性の名前が入っています。

女性の名前はこのようになっています。(–以下が曲名)

1.Delilah(デライラ)   –Delilah

2.Maria(マリア)  –Maria*

3.Lulu (ルル)   –Lulu’s Back in Town

4.Otis (オーティス)   –Miss Otis Regrets (これだけは姓)

5.Angelica(アンジェリカ) –Angelica*

6.Stella(ステラ)    –Stella By Starlight*

7.Louise (ルイーズ)   –Louise

8.Bess (ベス)   –Bess You is My Woman*

9.Liza(ライザ)    –Liza*

10.Nancy(ナンシー)   –Nancy(with The Laughing Face)

11.Laura(ローラ)  –Laura*

12.Alice(アリス)   –Alice in Wonderland*

13.Lorraine (ロレイン) –Sweet Lorraine*

14.Dolores (ドロレス)  –Dear Dolores

*付きの曲にブランフォードが入ります。他の曲はエリスのソロです。

いわゆるスタンダードナンバーばかりですが、最後の14,のドロレスのみがエリス・マルサリスの妻、即ちブランフォードのお母さんの名前です。

このアルバムから4曲を聴きます。

デライラ Delilah

早速1曲目の「デライラ」を聴きましょう。

エリスのピアノ・ソロです。

 

 
メロディを聴けば、「知っている!」という方もあったのではないでしょうか? 

それにしてもエリス・マルサリスのピアノは格調のある演奏でしたね。

 

星影のステラ Stella By Starlight

2曲目は ステラ を聴きます。

ブランフォードマルサリスのテナーサックスが入ります。

これも良く聴かれているスタンダード・ナンバーでした。 

ブランフォードのテナー、控えめでいい感じですね。
親子でこのような共演が出来るなんて、羨ましい限りです。

エリスのピアノの部分はやはり美しいです。
エリス・マルサリスという人はクラシックの勉強をしている気がします。
ジャズ的なノリではないです。

Sponsored Link

マリア Maria

次はブランフォードがソプラノサックスを吹く、マリアです。
マリアは例の ウエスト・サイド・ストーリーのマリアです。

Ellis Marsalis 

1934年11月14日、米ニューオーリンズ生まれのジャズ・ピアニスト。ウィントン・マルサリスやブランフォード・マルサリスなど6名の“マルサリス・ファミリー”を育てた一家の父親。人種偏見が渦巻く40年代のニューオーリンズでモーテルを開業。公民権運動の指導者キング牧師からも宿泊先として愛用された。ミュージシャンとしての認知は息子たちのブレイク後となったため、リーダー作は少ないが、どの録音でも洗練された演奏を聴くことができる。2008年に“ニューオーリンズ名声の殿堂”、2010年には一家で“ジャズ・マスターズ賞”を獲得した。ーーーCD Journal より引用

ドロレス Dear Dolores

エリスが奥さんに贈った曲 「ディア・ドロレス」です。

エリスのピアノ・ソロです。

エリスとドロレスの夫妻に4人の息子 マルサリス一家は幸せなファミリーなのでしょうね。

Sponsored Link

 

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2017 All Rights Reserved.