JAZZという音楽の魅力を中心に

12/27今年最後のプレバト俳句は冬麗戦の予選会・8人の特待生が争う・お題は「年末の満員電車」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

【全ての画像は番組HPより引用】https://www.mbs.jp/p-battle/

Sponsored Link

12月27日の「俳句の才能査定ランキング」は
2018年最後のプレバトです。

番組予告を見ると、冬の特番「冬麗戦」の1回目(予選)になるようです。

本戦(?)は年またぎで1月3日(3時間スペシャル)に放送されるようです。
(いまいちわからないところもあります)

予選は名人以外の特待生8人によって争われ、上位4人だけが本戦に進み、
待ち受ける名人5人と戦うことになるようです。
(ただ12/27にどこまでやるのかがはっきりしません。また本戦になればお題は変わるのでしょうか?)

ともあれ、  お題は「年末の満員電車

出演者

出場特待生

・中田喜子

・千賀健永 (Kis-My-Ft2)

・ミッツ・マングローブ

・立川志らく

・石田 明  (ノンスタイル)

・千原ジュニア

・松岡 充

・岩永徹也

名人

・梅沢富美男

・東国原英夫  

・藤本敏史  (FUJIWARA)

・村上健志  (フルーツポンチ) 

・横尾 渉  (Kis-My-Ft2) 

Sponsored Link

*昨年の「冬麗戦」覇者は千賀健永でした。

査定結果速報

8人中4位までが決勝進出できます。

4位 千賀健永 (決勝進出)

 

犬ひとり 霞が関は 大晦日

⇩ 

直し無し

千賀:「犬ひとり」と擬人化をした。

先生:普通なら「犬一匹」となるところを「犬ひとり」としたところが味わいが出て面白い。
霞が関大晦日 と
霞が関大晦日 の2択だが、「」と強調、限定することが成功している。

7位 松岡充 (予選敗退)

 

地下鉄を 這い出吸いたる 冬銀河

⇩ 

地下鉄を 這い出て冬銀河 吸い込む

梅沢名人:理解に苦しむ困った句だ。

先生:這い出る という複合動詞はとても良い。
発想はいい句、問題は語順。このままでは誤解を生みそう。(タバコでも吸うのかと)
語順さえ添削のように直せば決勝圏内だった。

6位 岩永徹也 (予選敗退)

 

雪明かり 辿り夜汽車は 寝床へと

⇩ 

雪明かり 辿り夜汽車は 眠りへと

梅沢名人:単純に 眠りつく とかでいいじゃないか。

先生:美しい光景を描こうとしている。
引っ掛かるのは「寝床」という車庫の比喩。
添削句のように(おっちゃんが言ったように)単純に「眠りへと」としたほうがキレイ。
もったいなかった。

2位 ミッツ・マングローブ (決勝進出)

 

吊り革の師走 遠心力に耐へ

⇩ 

直し無し

先生:言葉を並べるだけで読者がありありと追体験できる。
8音+9音の破調も良く合っている。
腕を上げましたね。

1位 中田喜子 (予選通過)

 

連覇のさきぶれ 沸き立つ初電車

⇩ 

直し無し

中田:お正月に秩父宮ラグビー場での準決勝戦に向かう車中での経験を詠んだ。

先生:ラグビーと書いてない。読者の想像にまかせている。
最後の「初電車」という季語が見事に立ち上がってくる。
8音+9音の破調も見事。気持ちのいい句だった。

8位 石田明 (予選敗退)

 

電車吐きたる 人人人人人 年の果

⇩ 

年の果 電車は人を 吐く吐く吐く

石田:人人人人人を「ととととと」と読ませる。
藤本:(苦笑)ワカラン・・・
東国原:面白いチャレンジと思う。

先生:字面を見ると「人人・・・」はどうしてもヒト、ヒト・・と読んでしまう。
「年の果」という重みのある季語を最後に置いたのも疑問。
作者意図を汲んで、添削のように変えた。

5位 立川志らく (予選敗退)

 

働くと 書くだけの為 日記買う

⇩ 

働くと 書く為だけの 日記買う

「日記買う」が季語

先生:生活者の実感があって、しみじみと良い。
小さなミスは語順。散文的になっているのを、語順を変えることで解消できる。この語順にすると「書く為だけの→日記」と自然に繋がる。
志らく:収録前にトイレの中で気づいたが時既に遅しだった。

3位 千原ジュニア (決勝進出)

 

ヘビメタの 担ぐギターと 破魔矢かな

⇩ 

直し無し

千原:ヘビメタ男がギターを背負いながら破魔矢も持っているギャップを詠んだ。

藤本:ナナハンからヘビメタに行きましたか!いいですね!

先生:ヘビメタ、ギターと破魔矢の対比がいい。
意外性の対比を仕込みながら「かな」という押さえで季語が効いている。

中田喜子、ミッツ・マングローブ、千原ジュニア、千賀健永の4人が決勝進出となりました。
次週1月3日に上記4人に名人5人を加えた9人で「冬麗戦」決勝が行われます。

ーーー

ニュース【夏井いつき先生が、紅白歌合戦の審査員として出場するそうです】

Sponsored Link

2018年(平成30年)これで終わりとなりました。

サイトを訪れて下さった方、大変ありがとうございます。

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2018 All Rights Reserved.