JAZZという音楽の魅力を中心に

「ジャズすきもの会」の名前の由来と発足時のことを書きます

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

Sponsored Link

Facebook とTwitter に「ジャズすきもの会」というのがあります。

知っている人は知っている会

略して「ジャズすき」

◆Facebook:
https://www.facebook.com/jazzsukimono/

Facebookを開いて見てもらえればわかりますが、
正式には「九州大学芸術工学部ジャズすきもの会」といいます。

◆Twitter:

ジャズすきもの会 が始まった時 

「躍動」という校内誌を見ました。
これです。↓

https://www.kyushu-u.ac.jp/oldfiles/magazine/kyudai-koho/No_79/79-P29-30.pdf

開くとこんな紙面です。

一番最初にこのように書いてあります。

「歴史についてはよく分からない・・・少なくとも25年は続いている」とあります。

事実は・・・

時は1970年(昭和45年)

前年の1969年は学生運動の混乱の中、東京大学の入試が中止された時代です。

その時はまだ九州大学に合併される前で九州芸術工科大学でした。

というか芸工大が発足してまだ3年目でした。

そこで筆者(環境設計学科1年・3期生)と
D.N君(音響設計学科2年・2期生)が大橋キャンパスで出会いました。

二人とも love jazz madly  だったのですぐに意気投合し、ジャズの会を立ち上げることにしました。

仲間を募ると、音響設計の12~3名が集まりました。

これがジャズすきもの会の始まりです。

だから「ジャズすき」の歴史は48年あるのです。

Sponsored Link

ジャズすきもの会 と名付けたのは

会の名前を考えたのはD.N君です。

筆者もこのネーミングは一発で気に入りました。

 

筆者が初代の会長になりました。(単に言い出しっぺだったから)

このブログでも勝手に「ジャズすきもの会長」を名乗っています。

●BGMをかけます。

その頃よく聴いていた中からマイルス・デイヴィス・クインテットにします。

ロゴマークは誰が?

このロゴ、いつ誰が作ったものか全く知りません。
少なくと我々が卒業するまではありませんでした。
後年の後輩が考えたものでしょうね。

画像設計学科もありますから、画像の人の作かもしれませんね。
(筆者はサックスが好きなので初めて見た時嬉しかったです^^)

「す」の字の吹き出しなど、よく雰囲気が伝わるいいロゴですね!

*もし、デザインした人が分かったら教えてください。

御礼


この会をえんえんと半世紀近く、今日まで引き継いでくださった後輩の方々、現会員のみなさんにお礼申し上げます。

そして今後とも続いてゆくことを祈っています。

最後にかける音楽は当時流行ったハービー・マンの「メンフィス・アンダーグラウンド」です。

学園祭でY君のフルートで演奏しました。

読んでくださってありがとうございます
Thanks A Lot For Reading

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2018 All Rights Reserved.