ジャズ度が高い国はどこ?ベスト7を勝手にランキングしてみた

      2017/09/15

Sponsored Link

ジャズ度が高い国はどこか?

という質問を想定しましたが・・・

ジャズ度って何?ということになります。

ジャズ度を決める基準

で、ジャズ度を測る基準を以下の5項目のように決めました。

(その辺は勝手に決めていますので、よろしくです)

A.ジャズ・ファンがいる。(国民の中のジャズファン率が高い)

B.ジャズ専門のレコード会社がある。

C.その国でのジャズのレコーディングがある。

D.ジャズ・フェスティバルやライブスポットが存在する。

E.ジャズ的文化度が高い(ジャズに関する出版物や映画などが存在する)

*そうするとジャズ・ファンとは何か?

という問題が新たに生じましたので

ジャズ・ファンは以下のように定義しました。

ジャズ・ファンとは

恒常的にジャズを聴いている。(ほぼ毎日)

ジャズのCD、レコードを定期的に買っている。

機会があれば、ライブ演奏(フェスやクラブ)を聴きに行く。

候補7カ国の選別

世界中の国をチェックは出来ませんので以下の7カ国を候補に挙げます。

アメリカ

日本

フランス

ドイツ

イタリア

イギリス

オランダ

この7カ国選別に異論がある方がいらっしゃいますか?

この他に気になる国は、デンマーク、スェーデン、カナダなどでしょうか?

しかし、先程決めた5項目で点数を入れれば、やはり上記7カ国が上位に来ると思われます。

ということで、点数をつけてランキングを作って行きたいと思います。

Sponsored Link

各国採点

採点はまた私の独断で5点満点で行います。

  A.ファン B.会社 C.録音 D.ライブ E.文化
アメリカ 5 5 5 5 25
日本 2* 4 4 5 20
フランス 2 5* 5 4 21
ドイツ 4* 5 5 4 22
イタリア 4* 4 4 3 19
イギリス 3 4 4 4 19
オランダ 3 3 3 3 16

*Bのレコード会社ですが、アメリカは文句なし。名門ジャズレーベル目白押し。

日本はジャズファンは多いのに長く続くジャズ・レーベルがない。
Three Blind Mice レーベルとかありましたが長く続かない。
今有名なのは、VenusとかM&I とかですが、プロデューサーがヘッポコで内容がおかしい。
(*両者のプロデューサーの名前知っていますが、書かないようにします。THとMKです。
むしろ、DIW、澤野工房、マシュマロなどの超マイナーレーベルが頑張っているのが現状です。

その点ドイツは何と言っても ECM とenja という2大レーベルが頑張っています。
どちらも質の高い音楽を長期に渡って出し続けています。
(継続は力なり)

イタリアも昔はSoulnote,BlackSaint,Red などの硬派なレーベルがありましたし、今もNormaBlu などがあります。

*それからフランスでのレコーディングですが、一体どれだけの 「~~In Paris 」というアルバムがあることか!そしてそれらの質の高さ。
あと、フランス映画にジャズが使われることの多さ。(「死刑台のエレベーター」など古い映画が記憶に残りますが)

ベスト7発表

という訳で、ジャズ度の高い国ベスト7発表です。

1位:アメリカ 

2位:ドイツ  

3位:フランス 

4位:日本   

5位:イタリア 

5位:イギリス 

7位:オランダ 

*初めて気づいたんですが、フランスとオランダの国旗、並べて見ると面白いですね。


 

どうでしょうか?

アメリカ1位は揺るぎないとして、後はヨーロッパの国になりますね。

日本はアジアの中の特異国です。

このランキングで歴史とかを考えると感慨深いですよ。(日独伊三国同盟とか・・・)

それとあと一つ、アメリカと言っても移民の国ですからね。BLUENOTEレコード創設者、アルフレッド・ライオンもドイツからの移民ですしね。

ジャズ度の低い国

同じ尺度でジャズ度の低い(だろうと思われる)国、ワースト5を挙げます。

1.北朝鮮

2.ネパール

3.モンゴル

4.パキスタン

5.バングラデシュ

(*あっ、全部アジアの国になりました、これらの国にジャズファンがいたら貴重な存在?でもモンゴルには3人位いそうです。北にも隠れファンがいたりして)

まとめ

という訳で、ジャズ・ランキングで遊んでみました。

でも、結構真面目に考えたんですけどね。

1曲聴きましょう。

Keith Jarrett & Charlie Haden – One Day I ll Fly Away
ジョー・サンプルが作った曲です。

このCDに入っています。

Sponsored Link

この記事が気に入っていただけたら
いいね ! しよう

Twitter で

 - ジャズ