JAZZという音楽の魅力を中心に

爆音で聴くJAZZ:たまには大きな音で聴くと全然違います、いやバラードも

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

Sponsored Link

諸般の事情により

いつも小さな音で音楽を聴いているという方、いらっしゃると思います。

また、パソコン、スマホなどで聴いているという方も近年は多いのではないでしょうか?

かくいう私も最近はすっかり小さな音でばかり聴いていました。

しかし

やはり大きな音で、できる範囲内で爆音で聴くと・・・

やはり、違います。

これが同じ音楽か、というくらい違います。

イヤ何もビッグバンドを、エレクトリック・マイルスを、コルトレーンのIMPULSE盤の後期録音のようなものばかりを聴けと言っているのではありません。

むしろバラード曲を、大きな音で聴くと随分印象が違うのです。

何でもいいのです。

手持ちのCDを大きな音で鳴らしてみましょう。

せっかくのスピーカーが錆びつかないように。

その辺にあるCDをかけてみます。

ロビンマッケル&フライトーンズ:I’m A Fool To Want You

古い歌曲が、新しい印象で。

Ben Stivers(piano&organ),Derek Nievergelt(el.bass),Adrian Harpham(drums),
Al Street(guitar) 

マリーナ・ショウ:Feel Like Makin’ Love

マリーナ・ショウのエロい音楽も爆音で。

Marlena Show(vocal&piano),David T Waiker(guitar),Larry Carton(guitar),Bill Mays(piano),Chack Raney(bass),Harvey Mason(drums)

Sponsored Link

菊地雅章:GUMBO

 

このメンバーはすごいです。 菊地雅章(key,synth),Steve Grossman(ts),Dave Liebman(a-fl),ほか2ドラムス、3ギター、ベース、パーカッションなど。
1曲目のSUSTOもすごいです。これが1980年だから驚きです。

マイルス・デイヴィス:Right Off

 

Miles Davis-tp
Steve Grossman-ss
John McLaughlin-el.g(左sp)
Herbie Hancock-key
Chick Corea-el.p
Michael Henderson-el.b(中央)
Billy Cobham-ds(右sp)

recorded in 1970/2/18

これはもう小さな音で聴いても意味ないですね。

ジョン・コルトレーン:You Don’t Know What Love Is

 

これはもう何も書かなくていいですね。 大きな音で聴くと印象違います。
特にエルヴィンのドラムがバラードとは思えないうるささではげしさで。

Sponsored Link

コールマン・ホーキンス:Night Hawk

 

Coleman Hawkins (tsー左) Eddie “Lockjaw” Davis (tsー右) Tommy Flanagan (p) Ron Carter (b) Gus Johnson (d)

コールマン・ホーキンス:Soul Blues

ホーキンス2連発(今度は1ホーンで、代わりにケニー・バレルがギターで)

Coleman Hawkins – tenor saxophone
Ray Bryant – piano
Kenny Burrell– guitar (!!!)
Wendell Marshall – bass
Osie Johnson – drums

まとめ

これくらいにしておきますね。

ちょうど映画「ボヘミアン・ラプソディ」を映画館で観るのと、パソコン画面で観るくらいの違いがあるような気がします。感動が違います。

たまには大きな音で、どのCD(レコード)でもいいですから。

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2018 All Rights Reserved.