JAZZという音楽の魅力を中心に

ミシェル・ルグランの名曲:I Will Wait For Youを6つのJAZZバージョンで聴く

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

Sponsored Link

1964年のフランスのミュージカル映画「シェルブールの雨傘」の主題歌としてミシェル・ルグランによって作られた曲 I Will Wait For You はその後も多くの人に歌われ演奏されることになりました。

ロマンティックで心に沁みる名曲です。

そのいくつかのバージョンを聴いてみたいと思います。

映画「シェルブールの雨傘」

カバー・バージョンを聴く前に映画を見ましょう。

女優はカトリーヌ・ドヌーヴでした。

コニー・エヴィンソン

大好きなアメリカ人歌手、コニー・エヴィンソンの歌からです。

いい歌唱ですね。ボサノヴァ・リズムでやっています。

間奏のスタン・ゲッツのようなサックスも良かったです。

このアルバムに入っています↓

ミシェル・ルグラン&トゥーツ・シールマンス

作曲者のミシェル・ルグランのピアノにトゥーツ・シールマンスのハーモニカで演奏されたバージョンです。

今さらですが、トゥーツのハーモニカでここまで演れることに驚きます‼️

 

この演奏はこちらのCDに入っています。

Sponsored Link

マッコイ・タイナー

例によって本格的に、ジャズ・インスト演奏に行くのですが、意外に思われるかも知れませんが あのマッコイ・タイナーがやっているのです。
(まぁ、日本製作ですが)

McCoy Tyner: piano
Christian McBride: bass
Marvin “Smitty” Smith: drums

ニッキ・パロット

オーストラリアのベース&ヴォーカル、ニッキ・パロットも〈The Last Time I Saw Paris〉というアルバムで演っています。

ドナルド・バード

これも意外かも知れませんがドナルド・バードも演っていました。

ピアノはチック・コリア。

ロマンティックな演奏に聞こえますが、それだけではないようです。ジャズの演奏スタイルで言えば、モードのように聞こえます。

 

ブルーノートの未発表音源を収めた『ブルーノートBNLT999シリーズ』から出ています。1967年録音。

Sponsored Link

オスカー・ピーターソン

最後はオスカー・ピーターソンのピアノにしましょう。

 

まとめ

ミシェル・ルグラン(1932~)は本当にいい曲を書きます。

風のささやき  The Windmills of Your Mind

おもいでの夏  Summer of ’42

などもルグランの曲です。

もともとクラシックのピアニストですが、ジャズ・ピアニストとしても一流という困った(?)人です。

ジャズ曲なら
・I Will Say Goodbye
・You Must Believe In Spring
・Watch What Happens

などの名曲もルグランの曲です。

これ↓、ルグランのジャズアルバムとして好きなヤツです。

Thanks for visiting the site

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2018 All Rights Reserved.