ハービー・ハンコック Herbie Hancock

      2017/08/12

Sponsored Link

ハービー・ハンコックほど多様な活躍をしてきたミュージシャンについて書こうとすると、途方に暮れてしまいます。

ハンコックは1940年生まれですから、もう77歳になるんですね。若いイメージがいつまでもあるのですが。

参加したアルバムだけでも膨大な数になるでしょう。

よって

ここでは筆者が個人的に印象に残っているアルバムを紹介することにします。

傾向としてはメインストリームのジャズをやっているアルバムになります。

ハンコックの代表的アルバム

つぎの7枚を選びました。

まず、何と言っても思い入れがある、マイルス・デイヴィス・クインテットの時代のアルバムから2枚。

”Four”&More フォア&モア (1964)

このマイルスの代表作とも言えるアルバムのメンバーが以下のメンバーです。

Miles Davis (tp), George Coleman (ts), Herbie Hancock (p), Ron Carter (b), Tony Williams (dr)

Miles In Berlin マイルス・イン・ベルリン (1964)

このアルバムからサックスにウェイン・ショーターが入ります。

黄金のクインテットのメンバーはこうなります。

 Miles Davis (trumpet), Wayne Shorter (tenor sax), Herbie Hancock (piano), Ron Carter (bass), Tony Williams (drums)

1曲だけ〈Milestones〉を聴きたいと思います。

 

*ハンコックがマイルスのグループに入ったのは Seven Steps To Heaven (’63)からです。 在籍は1968年まで。

Sponsored Link

あとはハンコック名義かハンコックがリーダーのアルバム

Takin’ Off  (1962)

実質的にハンコックのデビュー・アルバムと言えるもの。

ここから〈Watermelon Man〉のヒットが生まれました。

メンバーは

Hancock(p),Dexter Gordon(ts),Freddie Hubbard(tp),Butch Warren(b),Billy Higgins(ds)

トランペットのハバードとの長い付き合いもここから始まるのですね。
いや、今聴いても名曲だと思います。

◎これは余計かも知れませんが、後年ハンコック自身が〈Watermelon Man〉を作った経緯をピアノを弾きながら語っている動画がありますので、興味と時間がある方はどうぞ。
ハンコックは「ファンク、ブラック・エクスペリエンス」などの言葉を使っていて興味深いです。

 

Empyrean Isles エンピリアン・アイルズ(1964) 

このアルバムも非常に印象に残っています。
〈The Egg〉などかなり前衛的な曲も入っていました。

このアルバムからは〈One Finger Snap〉〈Cantaloupe Island〉などのヒット曲が生まれました。〈Cantaloupe Island〉は〈Watermelon Man〉と曲調が似ていますので、ここでは前者を聴きたいと思います。

 

ハンコックのピアノの当時としては抜群に新しい感覚が良くわかります。

Sponsored Link

Maiden Voyage  処女航海  (1965)

次も大ヒットしたアルバムです。 これは「新時代の扉を開いた」とさえ言われる、新鮮さに溢れたアルバムでした。

表題曲〈Maiden Voyage〉です。

メンバーは

Herbie Hancock — piano 
Freddie Hubbard — trumpet 
George Coleman — tenor saxophone 
Ron Carter — bass 
Tony Williams — drums

60~70年代くらいは大体このあたりのメンバーが多いですね。

Dolphin Dance〉という曲(同じくハンコックの曲)も有名になりました。

確かに今聴いても、1965年ジャズがモードを経て、やや閉塞感が漂い初めた時に、「モード・ジャズはまだこんな新しい感覚でやれるんだよ」ということを示したアルバムだったと思います。

なおヴァイブラフォンのボビー・ハッチャーソンが〈Happenings〉というアルバムを出して、そこでもこの〈Maiden Voyage〉の別ヴァージョンをやって見せて、そちらも好評でした。

このアルバムの方にもハンコックが参加しています。

Sponsored Link

Live Under The Sky /VSOP  ライブ・アンダー・ザ・スカイ (1979)

正直に書きますと、筆者はこのあたりが最もジャズから遠ざかっていました。

V.S.O.Pというグループも同時代的に聴いてはいませんでした。

このあと、メンバーをどんどん入れ替えて、よりファンク色の強いグループになったようですが、その辺は聴いていません。

そこで、1979年6月、日本の田園コロシアムでのライブ・アルバム〈Live Under the Sky〉を選びました。

メンバーは

Herbie Hancock(p), Ron Carter(b), Tony Williams(ds),.Wayne Shorter(ts,ss),
Freddie Hubbard (tp)  

というお馴染みのメンツです。曲は〈Eye of The Hurricane

この2枚組アルバムでは(いまさらですが)ロン・カーターというベーシストがいかに凄腕だったかを再認識しました。

Live Under the Sky ’91 ライブ動画

せっかくですので、そのV.S.O.Pの1991年の日本ライブの動画を見てみましょう。

曲は先程聴き逃した〈Cantaloupe Island〉です。

メンバーは

Hancock(p),Wayne Shorter(ts,ss) Stanley Clarke(b) & Omar Hakim (ds) になっています。

いやー、凄いですね。

私はショーターに疑問符(?)をつける一文を書いたこともあるのですが・・・文句ありません。失礼しました。

Sponsored Link

The New Standard  ニュー・スタンダード (1996)

ハンコックが15年ぶりに吹き込んだアコースティック・ジャズ・アルバム。ニルヴァーナをはじめプリンスやビートルズの曲など,ジャズから離れたところに題材を求め,それらを鮮烈なジャズに料理してしまう。音の錬金術師ぶりがとにかく凄い!—–Amazonの商品説明より

このアルバムを出したあとNew Standard All Stars として世界各地でライブを行ったようです。日本でのライブ映像がありますので、そこからアルバム1曲目の〈New York Minute〉という曲を聴きます。

メンバーは
Herbie Hancock( piano) 、John Scofield( guitar)、 Michael Breaker( saxophone) Jack De Johnette (drums) 、 Dave Holland( bass)、 Don Alias( percussion)

まとめ

こうしてハンコックの音楽の(一部)を追ってきて、思うのは

’60年以降のジャズの中心に間違いなくハンコックがいたのだなーということです。

その共演したミュージシャン達(ここでは十分に紹介出来ていませんが)を見るだけでも、
ハンコックというピアニスト、ミュージシャンの果たした役割の重要性を感じます。

逆に言うと、もしハンコックというミュージシャンがいなかったら、ジャズーフュージョンーその他の音楽の有り様も幾分か変わっていたかもしれません。

さすがに、もうハンコックはその役目を果たしたと言えるでしょう。

今、ブラッド・メルドーなどがまた新しい感覚をジャズにもたらすピアニストと言われています。

ハービー・ハンコックが作ってきた音楽の一部だけでも紹介できたら幸いでした。

◎最後まで付き合って下さってありがとうございました。

Sponsored Link

この記事が気に入っていただけたら
いいね ! しよう

Twitter で

 - ジャズ