JAZZという音楽の魅力を中心に

映画「グリーンブック」は必見!中高年にはどストライク、音楽好きにもお勧め、笑いと感動の2時間

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

キャッチ画像は映画サウンドトラック盤のジャケット・カバー

Sponsored Link

時代は1962年

Based On a True Story :真実の物語

天才ピアニスト、ドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)の最南部ディープ・サウスを含む演奏旅行ツアーの運転手として雇われたのは、無学なイタリア系白人のトニー”リップ”バレロンガ(ヴィゴ・モーテンセン)。

画像出典:https://gaga.ne.jp/greenbook/

画像出典:https://gaga.ne.jp/greenbook/

1960年代始めの南部を白人が運転して、黒人が後部座席に座った車で走ることはそれだけで「事件」なのです。
二人の旅は笑いを呼びながらも深まってゆきます。

ロード・ムービーとしても最高です。

ドクター・シャーリー(Don Shirley)の実際の音楽・演奏に興味ある方はこれをBGMとして流しながら読んでくださるといいと思います。

予告編~みどころ

まずは、映画の雰囲気が分かる予告編をどうぞ。

●冒頭のシーン、クラブ「コパカバーナ」の用心棒をしているトニー。
ステージで歌っている小柄な歌手はボビー・ライデル。(彼もイタリア系でした)
*この当時、ボビー・ダーリン、ボビー・ヴィントン、ボビー・ヴィー、ボビー・ライデルが4人ボビーと呼ばれていました。

予告編で分かるように

●ドクター・シャーリーは黒人のピアニストです。
クラシックの教育を受けたクラシック・ピアニストなのです。(音楽その他の学位を取りドクターの称号を得ます。語学にも堪能で英語以外に少なくとも4ヶ国語は話せることが暗示されています)

しかしプロデューサーからポピュラー&ジャズの演奏をすることを勧められ、
そのような演奏をしていて、ピアノ、チェロ、ベースのトリオでツアーに出ることになる訳です。

Sponsored Link

フライドチキン

最初の爆笑シーンがこれでした。

ケンタッキー州に入った時、トニーはバレルで買ったKFCを運転しながら食べ、フライドチキンを食べたことがないというドクターに、無理やり食べさせます。
皿がない、フォークが無いと言っているドクターにチキンを放り投げます。手づかみで食べるチキンをドクターは気に入ったようです。
「ところで骨は?」と聞くドクター。窓を開けて骨を放り投げるトニー。笑って同じようにするドクター。
でもドリンクカップを放り投げたトニーにドクターは戻るように命じます。

トニーが書く妻への手紙

ツアーに出る前、トニーは奥さんから「電話は高いから手紙を書いてね」と言われます。

トニーがいろんな場所から手紙を書くシーン。
予告編にありますが、その「子供の手紙」に呆れたドクターは手紙の添削を始めます。
トニーの手紙はどんどん上達します。
驚く奥さんのドロレス。 いいシーンです。

画像出典:ttps://gaga.ne.jp/greenbook/about.html

 

トニー”リップ”バレロンガの奥さんドロレスを演じる
リンダ・カーデリーニがなかなかイイです。

1975年生まれ。

 

黒人音楽

カーラジオからチャビー・チェッカーリトル・リチャードが流れます。

「知らない」というドクター・シャーリー。
「黒人のくせにチャビー・チェッカーを知らない!?」と驚くトニー。

その後、サム・クックアレサ・フランクリンも話題になります。
「サム・クックはあんたの同胞だろ?」

ここで現れるトニーの名台詞が
「あんたよりオレの方が黒い」

【参考】オールディーズ:ロックンロール編

ソウル・ミュージック(サム・クック、オーティス、ダニー・ハサウェイ)

ティッツバーグというジョーク

ピッツバーグに向かう時、トニーが「ティッツ巨乳バーグは愉しみだ。巨乳が多いらしい!」と。Pittsburgh-Tittsburgh
そしてピッツバーグを去る時のトニーの呟き。
「ティッツバーグは他の町と同じだったな・・・」

●面白エピソードばかりを書きました。
記憶で書いていますので、セリフの細かいところは違っているかも知れません。

・ロバート・ケネディ司法長官のこと

・セクシュアリティのこと

なども重要な逸話でした。

Sponsored Link

監督 (ピーター・ファレリー)

 

画像出典:https://gaga.ne.jp/greenbook/about.html

 

監督は1956年生まれのピーター・ファレリー。

筆者が見たファレリーの映画は、キャメロン・ディアス主演の『メリーに首ったけ』(98)というシモネタ満載のラブコメディ1本です。

これは本当に笑えました。
 

ドン・シャーリーのこと about Don Shirley

最後エンドロールで実際の二人が紹介されます。
奇しくも二人共2013年に亡くなったと。

 

Donald Walbridge Shirley (January 29, 1927 – April 6, 2013) 

映像出典:Wikipedia

Amazon でDon Shirley で調べればたくさんのアルバムがあります。

いくつか聴いてみましたが、取り敢えずこれが一番いい(Jazzっぽい)ようです。
*いかにもクラシックのピアニストが弾くポピュラー~ジャズという感じではあります。

最後クリスマスに、トニーの家でドクターシャーリーとドロレスが初めて会うシーンが感動的でした。
Dr.Shirley : You must be Dolores.

ドロレスは手紙のことなど、何でも分かっていたようです。

おわりにーーアカデミー賞について

2019アカデミー賞で
この「グリーンブック」が作品賞
ボヘミアン・ラプソディ」が主演男優賞
という結果はいいバランスでよかったのじゃないか、、と思います。
*その裏では色々あったかもしれませんが。

Sponsored Link

 

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2019 All Rights Reserved.