JAZZという音楽の魅力を中心に

プレバト俳句夏の炎帝戦2018・千賀健永は予選を勝ち上がって本戦に進めるか

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

【全ての画像は番組HPより引用】https://www.mbs.jp/p-battle/

Sponsored Link

プレバト・俳句の才能査定ランキング

昨年度から始まった四季の俳王戦

今年も夏の炎帝戦が行われます。

ちなみに昨年(2017)夏の炎帝戦・覇者は藤本敏史でした。

6/29プレバト俳句・夏の炎帝戦スペシャル・お題は「海」名人特待生のみ集合

今回のお題はシンプルに「夏の太陽」

お題写真も夏の空だけです。

今回は予選(8月2日)、本戦(8月9日)と2回に分けて行われるそうです。

予選は7人の特待生が出場し、上位2名だけが本戦に進んで名人と対決!
というシステムとのこと。

予選出演者

・岩永徹也 (5級)

・千賀健永 (1級) (Kis-My-Ft2)

・立川志らく (5級)

・ミッツ・マングローブ (3級)

・千原ジュニア (4級)

・中田喜子 (1級)

・松岡充 (4級)

 

(*名人の横尾渉は本戦に出場)

◎本戦出場は以下5人の名人+予選通過者2名

・梅沢富美男

・東国原英夫

・藤本敏史 (FUJIWARA)

・村上健志 (フルーツポンチ)

・横尾渉 (Kis-My-Ft2)

Sponsored Link

名人5人も、予選にもコメンテーターとして出場しています。

査定結果速報

査定の前に話題になったこと。

東国原の次の句

梅雨明けや 指名手配の 顔に

これが盗作ではないかとSNS上で炎上しているとのこと

6月7日プレバト俳句・お題は「梅雨の駅」昇格試験に挑むのは東国原英夫と横尾渉 ⇨

ちなみに2017年6月に宮崎日日新聞の文芸欄に掲載された次の句

「梅雨寒や 指名手配の 顔に×」

だそうです。ここまで似ているとそれは疑われますね。
まして宮崎日日新聞。
しかし、すぐバレるようなことを東国原英夫がするとは思えません。

 

夏井先生の見解はーー俳句の世界ではたった17音だから類句ができるのはよくあること。その時は性善説を取る。

夏井先生も高浜虚子と一言一句変わらない句を作ったことがある。
その時は「私も虚子のレベルに達した」と考えたとのこと。

4位 千原ジュニア

 

風死すや 現場検証 しかめ面

⇩ 

現場検証 風死する日の 顰め面

千原:自分がバイクで事故った時の体験を詠んだ。

梅沢:非常にいい。好きよ!。だけど言葉が全部切れている。

先生:「風死す」が季語。自分の体験を書いていることが良い結果となっている。

問題はやはり3段切れ。上5を字余りにしても、3段切れを避ける。

千原:でけへんもん!

3位 ミッツ・マングローブ

惜しくも3位に呼ばれたミッツ:「人生いつもギリギリアウト・・・みたいな」

満タンの声 炎天の 肩まくり

⇩ 

直し無し

ミッツ:夏の太陽というとガソリンスタンドを思う。
藤本:「肩まくり」という言葉は聞いたことがないが。「腕まくり」はあるが。
先生:「肩まくり」は造語でしょう。その造語を生かしているかが問題。
この場合、その造語を生かす装置がきっちり置かれている。
作者の意図を尊重して、直しは無し。

Sponsored Link

6位 松岡充

 

議事堂の 壁かじり付く 空蝉よ

⇩ 

議事堂の壁 空蝉の 齧り付く

横尾:蝉と議員?想像が難しい。

空蝉:季語、セミの抜け殻

先生:やろうとしていることは面白いのだが、映像をはっきりと描く方が伝わる句となる。語順を変えるだけでそれができる。

7位 岩永徹也

 

炎帝や 船の影 海底に落とす

⇩ 

炎帝のもだ 海底に 船の影

梅沢:ダメな破調。5・5・7にすべき。5・5・8が良くない。

村上:影、落とす は要らない。

先生:映像の切り取り方は良かった。ただ「落とす」が罪深い。説明の言葉。
「炎帝」は擬人化の季語。添削は7・5・5。
破調に見合う句と見合わない句がある。破調は上級技。

2位 立川志らく

本戦出場の2位の発表。

油照り 毛糸のような 犬拾う

⇩ 

直し無し

東国原:「油照り」と「毛糸」という冬を思わせる言葉の対比。

先生:非常に愉快な句。
「毛糸のような」が比喩と分かる。
物語として成立している。見事なもの。

5位 千賀健永

 

日蝕の 森の灯火や 向日葵よ

⇩ 

日蝕の 森の灯火として 向日葵

横尾:ひまわりのことを言っているのか、灯火か?無理があるように思える。

先生:一種のファンタジーであることは分かるが、やはり比喩が分からない。
たった1文字が問題「や」。それを変えれば意味が通じる。「や」~「よ」の強調、詠嘆は無理がある。

千賀:「として」という言葉は浮かばない。

1位 中田喜子

 

光束ねるごと 日焼け子ら 走る

⇩ 

直し無し

東国原:女性が残ってよかった!

梅沢:この破調はいい!

先生:9・5・3の破調。トータルは17音。

破調は難しい。この句の内容がその調べを要求しているかを考える。
光束ねるごと に 日焼け子ら が飛び出してくる 見事。
これが普通の回なら、文句なく名人!だった。

 

まとめ

◎予選通過は立川志らく、中田喜子の二人でした。

この2人に名人5人を加えた7人での「炎帝戦・決勝」は次週。

★ ★ ★ ★ ★ ★

★夏井いつき先生の新刊です。

★ ★ ★ ★ ★ ★

Sponsored Link

 

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2018 All Rights Reserved.