チャック・ベリーが亡くなったのでロックンロールの初期のヒーローたちを動画で見よう・チャックからエルヴィス・プレスリーへ

      2017/04/18

Sponsored Link

先日(2017年3月18日)チャック・ベリーが亡くなったことが報道されました。(90才)

ジョン・レノンの言葉「ロックンロールに別名を与えるとすれば『チャック・ベリー』だ」などが改めて紹介されています。

ロックンロール初期のスターたち

これを機会に’50年代のロックロール初期のヒーローたちを振り返ってみたいと思います。

まず、さっと頭に浮かぶ人たちはーー

同じ黒人のリトル・リチャード

白人グループとしておそらく一番早くロックンロールをヒットさせたビル・ヘイリーとコメッツ。

以下は全員白人ですが(「白人による黒人音楽収奪論」などもあるのですが、そんな話は置いておきます)

ジェリー・リー・ルイス(ピアノを弾きながらロックンロールをやった)

カール・パーキンス

ジーン・ヴィンセント

エディ・コクラン

バディ・ホリー

そしてエルヴィス・プレスリー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎チャック・ベリーとリトル・リチャードの前に

ビル・ヘイリーとコメッツ

白人によるロックンロールとしてビル・ヘイリーとコメッツの最大のヒット”ロック・アラウンド・ザ・クロック”を聞きましょう。

この映像1955年ですから、最も初期の白人によるロックンロールと言って間違いないでしょう。

 

ジェリー・リー・ルイス

 

1957年にこんなことをやっていたんですね。驚きですね。この映像はSteve Allen Show というテレビ出演した時のものです。

*ジェリー・リー・ルイスは、13才の女の子と結婚していたことが問題になったという話を”The History of Rock’n’Roll”というビデオで見ました。

カール・パーキンス

カール・パーキンスも後のロッカーたちの評価が高い人です。

大ヒット曲”ブルー・スエード・シューズ”です。

Sponsored Link

チャック・ベリー

お待たせしました。チャック・ベリーのヒット曲としては”ロール・オーバー・ベートーヴェン””ジョニー・B・グッド”などが有名です。

しかしここでは思うところあって、”Sweet Little Sixteen”をアップします。

ギターを弾きながらロックを歌うスタイルを確立した人と言えるでしょう。(ひよこ歩きなど)

しかし、この曲のメロディーですが、聞いたことある・・・という感じですよね。
”ロール・オーバー・ベートーヴェン”にも似ているのですが、
もうそっくりなのはビーチボーイズの”サーフィンUSA”です。 まあ、この頃のロックンロール曲は、みんな同じようなコード進行ですから特に問題にはなりませんでしたが。

ビーチボーイズを聞いてみましょうね。(これは動画ではなく音だけ)

*余りにもメロディがそっくりですね。(いやビーチボーイズのこの曲も好きなんですが)

◎チャック・ベリー1959年映像で”Back In The USA”

リトル・リチャード

写真はWikipediaより

↑この写真1988年アカデミー賞会場でのものらしいですが、
まんま鈴木雅之ですね^^

ヒット曲の数ではチャック・ベリーより多かったはずです。

トゥッティ・フルッティ (Tutti Frutti)」、「のっぽのサリー (Long Tall Sally)」、「ルシール (Lucille)」、「リップ・イット・アップ (Rip It Up)」、「ジェニ・ジェニ (Jenny, Jenny)」、「グッド・ゴリー・ミス・モリー (Good Golly, Miss Molly)など。

”ルシール”も是非聞きたい&見たいです

バンドのみんさんの様子とかも興味深いですね^^ 余談ですがリトル・リチャードは同性愛者だったそうです。 色々あるんですね。 ちょっとPrinceに似た感じがありますね。

Sponsored Link

◎はい、白人さんに戻ります。

ジーン・ヴィンセント

ビーバッパ ルーラ シーズマイベイビーです!

これも1958年映像です。

エディ・コクラン

1960年に21才で自動車事故死しました。

”Summertime Blues”

バディ・ホリー

1959年22才で飛行機事故死。(リッチー・ヴァレンツと一緒だった)

”Peggie-Sue”

バディ・ホリーがユニークだったことが分る動画でした。

エルヴィス・プレスリー

エルヴィスも初期の白黒動画を見ます。(3本見ましょう)

◎次の動画は年号が書いてないのですが、おそらく’56~’58くらいだと推測されます。

エルヴィスに抜群のスター性があったことがこの短い動画からも伝わります。 あと抜群のリズム感も。

◎先ほどのカール・パーキンスの”ブルー・スエード・シューズ”をエルヴィスが歌っている映像です。
この感覚はセンセーショナルなほど新しかっただろうことは想像できます。

(*後年の甘い歌声でエルヴィスを語ることが多いようですが、初期映像で感じるのは白人離れした(?)リズムとノリの良さのほうですね!)

 

◎次は大ヒットした曲”ハウンド・ドッグ”Hound Dog

今の人には信じられないでしょうが、プレスリーの下半身の動きが「卑猥だ」ということで、エド・サリバン・ショウ(テレビ番組)に出た時は上半身だけを映したそうです。

まとめ

●ロックロール初期のスターたちの軌跡を見てきました。えー、9人でした。

●黒人のチャック・ベリーとリトル・リチャードから始まってエルヴィスまで古い映像ばかりを見ました。

●若くして死んだエディ・コクランとバディ・ホリーは伝説になりました。

◎最後まで付き合ってくださってありがとうございます。

Sponsored Link

この記事が気に入っていただけたら
いいね ! しよう

Twitter で

 - 音楽