デクスター・ゴードン:ジャズのテナーサックスを代表する奏者の録音から5枚を選ぶ

      2017/04/02

sponsored Link

(↑デクスター・ゴードン:いい顔をしていると思いませんか?)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジャズのテナーサックス奏者は勿論たくさんいます。

ソニー・ロリンズジョン・コルトレーンスタン・ゲッツもモダン・テナーを代表する人たちです。

その中でデクスター・ゴードンというテナーサックス奏者は、「これぞテナー」という雰囲気と風格を漂わせていました。

デックス(と呼ばれていました)のスィング感はゆったりと、大きなスィングでした。そして深ーい音でテナーを吹きました。
それは他の誰とも違っていました。
だからLong Tall Dex と呼ばれたのです。実際に大柄な人でもあったのですが。

その数多いデックスの録音の中から、5枚を選んで聴きましょう。

実際たった5枚に絞るのは困難でしたが、そこはエイヤッと決めました。

そして各アルバムから聴くのは1曲だけとしました。

出来れば、バラード曲にしたいのですが・・・。

ダディ・プレイズ・ザ・ホーン

1枚目は”Daddy Plays The Horn”

曲はカッコよさで”You Can Depend On Me”にします。

●おすすめのポイント

1955年の録音盤なのですが信じれれないほど音がいいアルバムです。
サックス音も生々しいし、ピアノも歪んでいない。ドラムスもクリア。
デックスの堂々たるサックスが聴きどころですが、ケニー・ドリューの弾むようなピアノもいいのです!。
ジャズのカッコよさを満喫。

 

デクスター・ブロウズ・ホット・アンド・クール

2枚目は”Dexter Blows Hot and Cool” にします。

これも1955年の録音です。 今度はバラード曲”Cry Me A River”

●おすすめポイント 

まずジャケットがめちゃくちゃカッコいい。
デックスのバラードは深い。
このピアノはカール・パーキンスです。

 

sponsored Link

アワ・マン・イン・パリ

有名なアルバム”Our Man In Pris” です。

曲は”Stairway To The Stars”(星へのきざはし)

●おすすめポイント 

タイトル通り1963年パリ録音です
ピアノを弾いているのがバッド・パウエルであることも話題でした。パウエルは当時すでにパリに移住していました。
このバラード曲をゴードンとパウエルがこのように演奏したこと自体が記念碑的なことでした。何とも言えない大物感が漂う演奏です。今やれと言われてもできません。
またこのBLUENOTEのジャケットも抜群でした。

 

ワン・フライト・アップ

 

次のアルバムは1964年に録音された”One Flight Up” です。

このアルバムからは1曲目の”TANYA”をかけるしかありません。

「タニア」は女性の名前だと思います。

●おすすめポイント 

1964年と言えばモード・ジャズ全盛期です。 デックスもこのように新しい息吹に対応したアルバムを作りました。
その結果こんなかっこいい曲が生まれたのです。TANYAを作ったのはトランペットを吹いているドナルド・バードです。
これはメンバーを書かないといけませんね。
Dexter Gordon (tenor sax)
Donald Byrd (trumpet)
Art Taylor (drums)
Niels-Henning Orsted Pedersen (bass)
Kenny Drew (piano)
5人ともすばらしいです。デンマーク生まれのベーシスト、ニールス・へニング・オルステッド・ぺデルセンは当時若干18歳だったから驚きです。

 

sponsored Link

クラブハウス

 

5枚目は”CLUBHOUSE”です。(1965年)

いいバラードをやっています。”I’m A Fool To Want You” です。

●おすすめポイント

最後にデックスらしい深いバラード演奏をアップできてよかったです。
このトランペットはフレディ・ハバードでした。
メンバー:
Dexter Gordon – Tenor Saxophone
Freddie Hubbard – Trumpet
Barry Harris – Piano
Bob Cranshaw – Bass
Billy Higgins – Drums
クランショウ、ヒギンズは”The Sidewinder/Lee Morgan”と同じです。

 

まとめ

順序が逆になりましたが、最後に人物紹介です。

Dexter Gordon : 1923-1990

ロサンジェルス生まれ。
40年代にビリー・エクスタイン楽団のテナー・サックス奏者として活躍。
同じテナー奏者のワーデル・グレイとの共演でも人気を博す。
50年代の麻薬禍による停滞期を経て、「アワ・マン・イン・パリ」の録音以降ヨーロッパに定住。
晩年には健康を害したが、映画「ラウンド・ミッドナイト」(’86)の主演で話題になった。
ーーー村上春樹著「ポートレイト・イン・ジャズ」の要約より引用

*ゴードンはもっと生きたと思っていたのですが、67才で亡くなっていたのですね。

*ゴードンは70年代にもいい録音があるのですが、何しろ5枚と限定しましたので後期の録音は省略としました。

ーー実は村上春樹は上に書いた著書で、デックスの1枚として’76年録音の”Homecoming“を挙げていました。

 

————–Thank you for visiting the site, see you again.

sponsored Link

この記事が気に入っていただけたら
いいね ! しよう

Twitter で

 - ジャズ