JAZZという音楽の魅力を中心に

色っぽいジャケットが懐かしい’50年代女性ジャズシンガーを聴いちゃう!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

Sponsored Link

’50年代アメリカの白人女性シンガーのレコードで

「ジャケットが色っぽいっもの」を選んでみます。

この時代の特有の雰囲気があるものです。

マリー・マクドナルド

何と言っても一番はこのマリー・マクドナルドのレコード

そのタイトルも The Body Sings! です。

いやー、今の目で見てもなかなかのものですね。

いやいや、Amazonさん、帯で隠れている部分があります。

こういうのはそういう細かいことが大事なんです。

ちゃんとフルサイズでアップしましょう。

Marie McDonald(vo), Hal Borne(orchestra director) 
Recorded in Hollywood, 1957
Originally issued on RCA LPM-1585.

1957年の録音です。
マリー・マクドナルドは女優で歌手だった人です。
マリリン・モンローとも比べられた人だそうです。

1曲聴きましょう。「エンブレイサブル・ユー」

● 懐かしい歌声です。でも大人の魅力です!

ジュリー・ロンドン

女優で歌手というとこの人を思い出します。ジュリー・ロンドン。
このアルバムジャケットでどうでしょうか。

このアルバムから1曲となるとやはり Somebody Loves You

●ジュリー・ロンドンはジャズ~ポピュラー系のシンガーとしてヒット曲も数多くありますね。

Sponsored Link

ジェイ・P・モーガン

ジェイ・p・モーガンは美人という訳ではないですが、キュートな感じです。

専門のシンガーですから実力は確かです。

このアルバムから1曲となると The Song Is You にします。

Jaye P. にはコメディエンヌ的魅力があったようで、’70年代にはテレビのショウ番組のタレントとして活躍したそうです。

マーティ・ペイチ Jazz For Relaxation

ここでボーカルではないのですがマーティ・ペイチのアルバムジャケットを紹介します。
これは最初見た時、絵だと思ったのですが、ライナーには
一応 Cover Photo :Stan Levey と書いてありますので写真なのでしょうか。
しかしStan Leveyといえば、ウエスト・コーストを中心に活躍したドラマーですよね。謎が多いです。

これはなかなかステキなジャズアルバムです。(1956年録音)
マーティ・ペイチ(ピアノ&ヴァイブ)
ジョー・モンドラゴン(ベース)
ラリー・バンカー(ドラムス)

スタンダード There’ll Never Be Another You を聴きます。

リー・ワイリー

最後は「色っぽいジャケット」と言う訳ではないのですが、1950年代初めの雰囲気を伝えるアルバム、リー・ワイリーの「ナイト・イン・マンハッタン」を聴きたいと思います。

曲はもちろん Manhattan

これは’51年の録音です。
トランペットはボビー・ハケットです。

もう1曲だけ聴きましょう。

A Ghost Of A Chance

まとめ

少し色っぽいジャケットを見ながら

懐かしい歌声を聴きました。

’50(フィフティーズ)はアメリカが最もストレートに輝いていた時代でしょうか。

今はもっとエロティックなジャケットがあると思います。
この時代のものには雰囲気がありますね。

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2018 All Rights Reserved.