JAZZという音楽の魅力を中心に

コニー・エヴィンソンは大人の魅力:「Gypsy In My Soul」は彼女のジャンゴ愛に溢れた名作

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

Sponsored Link

ジャンゴ・ラインハルト⇨ のことを書いたのですが、

ジャンゴ=ジプシー・スウィングの世界を歌っているアメリカ人女性歌手を思い出しました。

コニー・エヴィンソンがその人です。

 

アメリカ、ミネソタ州生まれの実力のある歌手なのですが、何故か紹介される機会は少ないようです。

アルバム「ジプシー・イン・マイ・ソウル」

そしてコニー・エヴィンソンがジプシー・スウィングにスポットしたアルバムがこれです。

Nature Boy

早速このアルバムから、これはジャンゴの曲ではない、アメリカの曲ですが〈Nature Boy〉
を聴きたいと思います。

ギターとヴァイオリンがジャンゴ的ムードを作る中で、コニーがこのアメリカのポップソングで、あっちの世界に連れて行ってくれます。

Gypsy In My Soul

では本格的にジャンゴ世界を歌っているタイトル曲を聴きましょう。

この曲ではクラリネットも効いていますね。
コニーのスキャットも粋です。

Nuages

ジャンゴが作った曲として有名な〈Nuages〉「雲」を聴きましょう。 コニーはフランス語で歌っています。(後半は英語になりますが) 

アメリカ・ミネソタ生まれの女性がこのような世界を作れることがちょっと驚きでもあります。

Lover Come Back To Me

このアルバムからもう1曲だけ聴きましょう。

ジャズ・スタンダードの〈Lover Come Back To Me〉です。

アルバム全体の雰囲気(ジプシー・スウィング=ジャンゴ)に合わせた見事な歌唱になっています。

Sponsored Link

その他のコニーの動画、アルバム

ここで、彼女の歌う動画を見てみたいですね。2011年の映像。
曲は〈Bluesette〉

この頃、コニーは50歳前後と思われますが、非常に魅力的です。

50歳くらいのアメリカ人女性歌手でこれほど、立ち姿、歌う姿が魅力的な歌手は他に知りません♡

大人の魅力です。

☆☆☆

コニーは〈Let It Be Jazz〉というビートルズ・ナンバーを歌うアルバムも出しています。

これも単なるビートルズ・カヴァーではなく、見事なジャズアルバムとなっています。

1曲だけ聴きましょう。

Oh! Darling

いいジャズになっていますね!

間奏のサックス(Kathy Jensen)もかっこいいです。

◎余り語られることが少ないコニー・エヴィンソンですが

自分だけのお気に入りリストに入れたくなるような人です。

 

 

Thanks a lot for visiting the site, see you again.

 

Sponsored Link

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2017 All Rights Reserved.