JAZZという音楽の魅力を中心に

ジャズの名曲:「バット・ノット・フォー・ミー」But Not For Meのいい演奏

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

Sponsored Link

But Not For Me 「バット・ノット・フォー・ミー

アイラ&ジョージ・ガーシュウィン兄弟の作品です。

1930年のミュージカル〈Girl Crazy〉のために書かれました。

歌詞は下に引用しますが、まんまの意味でいいようです。

「でも、ボクの(わたしの)ためじゃない」

(*ちょっと拗ねてる感じでしょうか?)

歌詞

 
They’re writing songs of love, but not for me

A lucky star’s above, but not for me

With love to lead the way

I’ve found more clouds of grey

than any Russian play could guarantee

I was a fool to fall and get that way

Heigh-ho! Alas! And also, lack-a-day

Although I can’t dismiss

The memory of her kiss

I guess she’s not for me

I was a fool to fall and get that way

Heigh-ho! Alas! And also, lack-a-day

Although I can’t dismiss

The memory of her kiss

I guess she’s not for me

ソングライター: Ira Gershwin / George Gershwin
But Not For Me (Vocal;2004 Digital Remaster) 歌詞 © WB Music Corp., Music Sales Corporation, Ira Gershwin Music, New World Music, WB MUSIC CORP, W B MUSIC CORP, CHAPPELL & CO., INC.
 
愛の歌があるーーでも僕のためじゃない

空にはラッキースターがあるけど、僕のためじゃない

(中略)

彼女のキスの思い出
それは、僕のためじゃない
 
●この曲は完全に歌モノですから歌入りが妥当なのでしょうけど、
何しろ筆者がインスト好きなもので、歌入りの後はインスト演奏でいきます。
 

チェット・ベイカー

決定的に有名なのがチェット・ベイカーのペット&ボーカルですね。
しかも何度もやっています。

しかしここは若い時のあの〈Chet Baker Sings〉のバージョンで聴きたいものです。

 

●いやー、やはりイイですね! 何というか青春の輝きと切なさみたいなーーーその後のチェットの生き様を知っているので、なおさら切なく感慨深いです。 

キャロル・スローン

白人女性ボーカル、Carol Sloaneで聴きます。

彼女は長いヴァース付きで歌っていますが、それが効果的です。

伴奏はトミー・フラナガン・トリオです。さすがいいピアノです。
しかしキャロルの歌は良かったですね!

このアルバムはスローン=フラナガンによるガーシュウィン曲集です。

Sponsored Link

アニメ「坂道のアポロン」

ここで突然ですがアニメ「坂道のアポロン」でこの曲が歌われるシーンを入れます。

マイルス・デイヴィス

*インスト演奏に行きます。 
1954年にマイルスが有名なアルバム〈Bags Groove〉でやっています。

●’54年、すでに驚くほどマイルスらしい演奏をしていますね。

Miles Davis(tp),Sonny Rollins(ts),Horace Silver(p),Percy Heath(b),Kenny Clarke(ds)


このアルバム、表題曲ではモンク(p)、ミルト・ジャクソン(vib)が入っているのですが。

ジョン・コルトレーン

コルトレーンもやっています。 例の〈My Favorite Things〉の中に入っています。 ちゃんとテナーサックスでやってくれています。

John Coltrane(ts),McCoy Tyner(p),Steve Davis(b),Elvin Jones(ds)

●シーツ・オブ・サウンド的演奏をしていますね。結構激しいです。

Sponsored Link

レッド・ガーランド

*マイルスもコルトレーンもいい演奏でした。 二人を聴いた後で、レッド・ガーランドのピアノトリオで聴きましょう。

Red Garland(p),Paul Chambers(b),Art Taylor(ds)

●ガーランドのピアノはやはり心が和みますね。

アーマッド・ジャマル

続けてピアノでアーマッド・ジャマルの演奏を聴きましょう。

アーマッドのピアノもレッド・ガーランドほどコロコロではないですが、その代り高音がキラキラ~~です!
(やはりジャマルは独特ですーーマイルスが惚れたという逸話がありますーーガーランドに「ジャマルみたいに弾いてくれ」と言って気分を害させたとか^^)

Ahmad Jamal (piano), Israel Crosby (bass), Vernel Fournier (drums)

レイ・ブラウン=モンティ・アレキサンダー=ハーブ・エリス

Monty Alexander (piano); Ray Brown (bass); Herb Ellis (guitar); John Frigo (violin).

これはまた楽しい演奏でした。 こんな演奏されるとBut Not For Me も深刻な意味じゃない、ジョークみたいな戯言に感じられます。

ロイ・ハーグローヴ

昨年(2018)惜しまれて49歳の若さで亡くなったロイ・ハーグローヴが弱冠22歳の時に日本で録音したアルバムに入っている演奏です。清々しい演奏です。この頃から(というかこの頃が一番)きれいな音のペットを吹いていました。

Roy Hargrove(trumpet), Antonio Hart(alto sax) ,Tomoyuki Shima(bass) ,Masahiko Osaka(drums) ,Yutaka Shiina(piano) 
リズム隊は日本人です。The Jazz Networksというグループ名でやっていました。

Love Notes

もう最後です。日本人女性ボーカルのステキなものがありましたので。
この人もヴァースから歌っていて、好感の持てる素直な歌唱です。

ボーカル:井上真紀 Maki Maggie Inouye(vo) トランペット:Hiro川島 Hiro Kawashima(tp) ピアノ:Frank Strazzeri(p) ベース:Chris Colangelo(b)
とキャプションされています。私は誰も知りませんでした。


実はこのアルバムは上のVideoとは違うバッキングメンバーで吹き込まれています。
またBut Not For Meも収録されていません。

ヒロ川島(tp)、井上真紀(vo)のふたりを中心に結成されたLOVE NOTESが、ハロルド・ダンコ(p)、ピーター・アースキンス(d)らの名プレイヤーを迎えSPECIAL UNITとしてリリースするアルバム。ジャズ・スタンダードの名曲を中心に、井上真紀のオリジナル曲「Sakura2012」やHiro川島のオリジナル・インスト曲「Pavane」そして「Sukiyaki」として世界に知られる名曲「上を向いて歩こう」を収録。
ーーAmazon アルバム解説より引用
*ハロルド・ダンゴと書かれていたので、筆者が修正しておきました。

★以上 But Not For Me 特集でした。
他にも色んな歌唱、演奏があるのですが、筆者が好きなモノだけをアップさせてもらいました。

★ありがとうございました。
★Thanks for visiting the site.

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2019 All Rights Reserved.