ジャズの名曲:BLUE BOSSA ブルーボッサ、11個(+1)聴き比べ

      2017/03/03

【これを聴いたらあなたもJAZZが好きになる】という記事を書いたのですが、

そこでBLUE BOSSA を紹介しました。

そしたら、改めて「いい曲だなー」と思ったもので、

この曲を演奏している色々なヴァージョンを集めました。

ライブ映像ならもっとあるのですが、一応【CDが出ているもの】

に限定しました。

名前の後の【  】内がアルバム名です。

ジョー・ヘンダーソン 【Page One】

これがオリジナル演奏です。このジョー・ヘンダーソンのアルバムに参加しているトランぺッターのケニー・ドーハムが作った曲です。

余りにもいい曲なので、すぐに様々なプレイヤーが演奏して、ジャズのスタンダード・ナンバーとなりました。

デクスター・ゴードン  【Biting The Apple]

デックスもちゃんとやっています。

Dexter Gordon :ts
Barry Harris :p
Sam Jones :b   
Al Foster :ds             recorded in 1976

sponsored Link

ジーン・ハリス 【Black And Blue】

聴衆を楽しませるという意味ではジーン・ハリスは超一流のピアニストでした。このアルバムは大好きです。

アナ・カラム 【Blue Bossa】

ブラジルの女性vocal&guitar です。
サックス(Paulo Levi) もなかなかいいです。

ミシェル・カミロ 【Michel Camilo】

ドミニカ出身のピアニスト。

 

ケニー・バレル 【Moon And Sand】

このケニー・バレルの演奏は・・・ 一番好きかも知れないです。

ローゼンバーク・トリオ 【Live at The North Sea Jazz Festival】

ジャンゴ・ラインハルトをリスぺクトするオランダのトリオのライブアルバム。
000001rosen

マンハッタン・ジャズ・クインテット 【Blue Bossa】

デヴィッド・マシューズが長年率いているManhattan Jazz Quintet。
トランペットのルー・ソロフは昨年(2015)に亡くなりました。

デファンクト DEFUNKT 【Thermonuclear Sweat】

ジョー・ボウイ率いるジャズ・ファンク・バンド「デファンクト」の演奏です。彼等は遊びが好きなのでこの曲は〈Cocktail Hour〉と表記されています。

ビル・ワトラス 【Ⅰ’ll Play For You!]

 

ビル・ワトラスは実力のあるトロンボーン奏者です。余り有名ではありませんが。
000001bw

トミー・フラナガン 【At Montreux’77】

実に端正な演奏です。
フラナガンは「名盤請負人」と言われているほど、多くのプレイヤーのアルバムでピアノを弾いている名人です。
このトリオでの演奏も、背筋がしゃんと伸びた、本当にフラナガンらしい演奏です。この人の端正な生き方が演奏に現れているといっても過言ではないと思います。

Tommy Flanagan – piano
Ketter Betts – bass
Bobby Durham – drums

 

まとめ

いい曲はいい演奏を呼ぶ と思いました。

◎初めにCDが出ているものに限ると書きましたが、ロシア出身のウラジミール・シャフラノフの動画を番外でアップさせてもらいます。

 

 

blog doc.wait_239506
blog doc.coffee-cup-

sponsored Link

 

 

この記事が気に入っていただけたら
いいね ! しよう

Twitter で

 - ジャズ