JAZZという音楽の魅力を中心に

フランスのジャズ専門レーベルBlack&Blueから3人のピアニストを:エリス・ラーキンス、ハンク・ジョーンズ、ジェリー・ウィギンス

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

Sponsored Link

現在、フランスのユニークなジャズ・レーベルBlack&BlueのReal Jazz Classics シリーズが日本初CD化されています。

・昨年10月に第1期30タイトル
・今年1月に第2期15タイトルが発売されています。
・そしてこの後(2019年春)第3期15タイトルがcoming soon です。

TOWER RECORDSより引用
https://tower.jp/article/feature_item/2019/01/22/0108

 

このレーベルの嬉しさは以下のような内容

1968年にフランスで設立されたブラック&ブルー・レコード。設立当初はトラッド・ジャズ・ミュージシャンの新録音を積極的に行い、1970年代に入りモダン・ジャズ・ミュージシャンの新作も多数録音、特にジョー・ジョーンズらベテラン・スウィンガー、ハンク・ジョーンズやモンティ・アレキサンダーら名ピアニスト達のトリオ録音、イリノイ・ジャケーやビル・ドゲットらソウル~オルガン・ジャズの名盤も数多く発表した1970年代フランス最重要レーベル!
ーーTOWER RECORDS より引用

その中から3人のピアニストのアルバムを紹介します。

エリス・ラーキンス

Ellis Larkins (May 15, 1923 – September 30, 2002)

アルバムはこれです。

Ellis Larkins(p)
George Duvivier(b)
J.C.Heard(ds)  
このデュビビエ、J.C.ハードというトリオもたまりません。

それでは1曲聴きましょう。 〈Rose Room〉

もう1曲、タイトル曲〈A Smooth One〉

Sponsored Link

このアルバムの録音は1977年です。
フュージョン・ミュージックが全盛の時代にこんなアルバムを作っていたなんて、いかにもフランスらしいですね。
(フランスという国は独自の価値観を持っていて、流行に逆らうようなことをする頑固で、ユニークな国というイメージです。)

エリス・ラーキンス、正直言ってよく知りませんでした。
これを聴くと、確かにスタイルは古い(新しくはない)ですが、いかにもジャズらしい粋なピアニストだったと分かります。

ハンク・ジョーンズ

Henry “Hank” Jones(1918年7月31日 – 2010年5月16日)

アルバムはこれです。

Hank Jones(p)
George Duvivier(b)
Alan Dawson(ds)  

こちらもベースはデュビビエです。

タイトル曲〈Bluesette〉

エリントン・ナンバー〈Things ain’t what they used to be〉

こちらは1979年録音です。この頃のハンク・ジョーンズの演奏をこのような形で聴けることは嬉しい限りです。再び注目された(日本だけ?)晩年の録音も悪くないですが、やはり60歳前後の方が勢いがあります。

もう1曲〈Blue and Sentimental 〉

Sponsored Link

ジェリー・ウィギンス

Gerald Foster Wiggins, Sr. (May 12, 1922 – July 13, 2008)

このアルバムだけは以前日本で発売されていました。

Gerry Wiggins(piano)
Major Holly (bass)
Ed Thigpen (drums)

ベースのメジャー・ホリーは先程のデュビビエと共にBlack&Blueレーベルの看板ベーシストでした。

スティービー・ワンダーのヒット曲〈You Are The Sunshine Of My Life〉

ウィギンスのオリジナル〈Edith is the Sweetest〉

美しいバラードですよね!
ウィギンスはその明快なタッチと美しい音色で、日本でも結構人気があるピアニストです。

●3人共’20年前後に生まれ21世紀に入って亡くなったピアニストでした。

まとめ

今日はピアニスト3人を紹介させてもらいましたが、このBlack&Blueレーベル、もちろんピアニストだけではなく、例えばアーネット・コブバディ・テイトイリノイ・ジャケーなどの豪腕サックス奏者たち他さまざまなアメリカで仕事がなかった(?)実力あるプレイヤーのアルバムを出しています。
ピアニストも他にアール・ハインズ、テディ・ウィルソン、サー・チャールズ・トンプソンなどこの時期他のレーベルでは聴けない録音が目白押しです。
そういう意味でこのレーベルは本当に貴重な存在です。

詳しいラインナップはTOWER RECORDSのサイトで御覧ください。
https://tower.jp/article/feature_item/2019/01/22/0108

★ありがとうございました
★Thanks for visiting the site.

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2019 All Rights Reserved.