JAZZという音楽の魅力を中心に

大阪のジャズ専門レーベル澤野工房がエライ!Amazonにも特設ストアあり

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

↑キャッチ画像は 出典:blog-shinjuku-jazz.diskunion.net 

Sponsored Link

今日は日本の大阪の履物屋さんがやっている

ジャズ専門のレーベル ATELIER SAWANO

澤野工房の紹介です。

澤野工房とは

まずはWikipediaで調べます。

澤野工房(さわのこうぼう)は、大阪市浪速区にある履物屋・ジャズ・レーベルである。アトリエ澤野(あとりえさわの、Atelier Sawano)の商号も持つ。「聴いて心地よかったらええやんか」というシンプルなコンセプトの下、CD・DVDの制作や販売を行い、その品質の高さでジャズ愛好家の支持を集めているレーベルである。

大阪・新世界の履物屋の4代目店主・澤野由明は、大学生時代から「日本で買うレコードがなくなるほど買い集めた」熱狂的なジャズ好きであった。同じくジャズ好きの3歳下の弟はしばしばヨーロッパにジャズのレコードを買いに出かけ、その際澤野もレコードを買ってきてもらっていた。それも当初は趣味に過ぎなかったが、弟がフランスに移住したのをきっかけに、1980年に澤野商会を設立した。
ーーーWikipedia

私が知った時はまだ澤野商会という名前でした。

とにかく好きで好きでついにレコード→CDを自ら販売を始め、更にプロデュースするまでになったという、浪速が誇るジャズ専門レーベルなのです。

 

澤野工房のCD、Amazonとの提携

初めて買った澤野のCDがこれです。

ロシア出身のジャズ・ピアニスト、ウラジミール・シャフラノフのアルバムです。
当時も今もシャフラノフのCDは澤野工房でしか買えないのです。

次に買ったのが同じシャフラノフのこれです。

*お断りしますが、澤野工房の音源はYouTubeでは一切アップされていません。従ってアップすることもできません。

澤野工房が扱っているのは、ほぼヨーロッパのピアニストです。

余り知られていない、ピアニストが多いのですが、それだけに好みのピアニストを見つけた時の喜びは大きいのです。

そのためにも、Amazonとの提携は必須だったでしょう。

澤野工房がAmazonと提携して、正式に発売を始めたのは2013年からです。


http://t.co/qGh7zvXUcu

ここで澤野由明氏の語りを見れます

Sponsored Link

◎こんなジャケットもあります。
これなんかは、以前紹介したECMレコードに共通するデザイン感覚ですね。

ジャケットの美しさでも有名なECMレコードのおすすめ盤とアーティスト

嬉しいことに澤野工房のCDはプラスチック・ケースではなく紙製デジパック仕様になっています。

◎ご覧のようにジャケット・デザインも秀逸なものが多いのです。

思わずジャケ買いしそうになります!

参考動画

澤野工房の音源のアップはできませんが、

◎例えば上にジャケットを紹介したロベルト・オルサーの演奏の別のものが聴けますのでアップします。

アレッサンドロ・ガラーティも音源がありましたので、リンクします。

まとめ

以上大阪のエライ、レーベル 澤野工房の紹介でした。
ECMとこの澤野工房を通してヨーロッパのピアニストを日本で愉しむことができます。

たいしたものです。そういう意味ではアメリカより恵まれているかも知れません。

人間の情熱は大きな仕事をするものだーーということも思いました。

Sponsored Link

 

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2018 All Rights Reserved.