バッハのジャズ化の代表としてジャック・ルーシェのG線上のアリア(Air On A G-String)を聴き直す

   

Sponsored Link

バッハのジャズ化と言えば、まずジャック・ルーシェでしょう。

(Jacques Loussier, 1934年生まれ、フランスのピアニスト)

 

何しろPLAY BACH Vol.1(プレイ・バッハ)が出たのは1959年のことです。

私が初めてコレを聴いたのは60年代の半ばだっと思います。

他の誰もこういうことをやっていなかった時代でしたから、かなり衝撃でした。

ルーシェはその後もずっとこの作業を続けています。

これは1996年のアルバムです。

ジャック・ルーシェのAir

このアルバムでの「G線上のアリア」Air On A G String  を聴きましょう。
(単に Air またはAria と表記されていることもあります)

最初に出たものとは大分変わってきています。

ベースとドラムも違います。やはりジャズの変化に応じての変化ですね。

ジャック・ルーシェのトッカータとフーガ

ついでにと言ったら悪いですが トッカータとフーガ(in D Minor)

も聴きたいものです。ジャズ的にも大変面白いものですから。

ジャック・ルーシェの新しい動画

そしてこの動画です。

実はYouTubeを見ていて、この動画を見たことがこの記事を書くことになりました。この動画を見て頂きたくて、この記事を書いています。^^

何年のものか書いてありませんが、動画の状態を見ればかなり新しいものと分かります。

 

やはりまずベースとドラムの演奏の新しさに目が行きますが、ルーシェのピアノも変わってきていますね。

Sponsored Link

MJQ+スウィングルシンガーズ

MJQ(モダン・ジャズ・カルテット)のリーダー、ジョン・ルイスがアレンジしたAir On G String のこのヴァージョンが好きです。

ミルト・ジャクソンのヴァイブラフォンが見事に生かされています。

このアルバムでした。

まとめ

発表当時ほどは注目されることがなくなったジャック・ルーシェの演奏ですが、ひとつのことをここまで続けられるだけでも、すごいことなのではないでしょうか。

 

Sponsored Link

この記事が気に入っていただけたら
いいね ! しよう

Twitter で

 - ジャズ, 音楽