JAZZという音楽の魅力を中心に

4/18プレバト俳句は「全国俳句強豪校VS名人・特待生!春の他流試合SP」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

【全ての画像は番組HPより引用】https://www.mbs.jp/p-battle/

Sponsored Link

4月18日のプレバト俳句は

また、スペシャル特番で 名人・特待生最強高校生との対決です。

5対5の団体戦で争うそうです。

お題は自動ドア

 

出演者

○愛媛県立松山東高校の選抜メンバー
(正岡子規や高浜虚子を生んだ俳都・松山市の名門校)

○プレバトチームから

・梅沢富美男

・村上健志

・中田喜子

・千賀健永

・立川志らく

査定するのはお馴染み ズバズバと切る 夏井いつき先生

さらに、審査するのは俳句界の重鎮3名だそうです!

宇多喜代子
井上康明
高野ムツオ

MC&アシスタントはこの2人

Sponsored Link

査定結果速報

 

第1試合

村上健志

花の夜や 靴履き終えて 無言の

⇩ 夏井先生の添削

花の夜 無言 履き終えて 

 

松山東高 中山寛太

春はひらく 立ち止まること 許されず 

 

 

○結果 27:28で松山東高の勝ち

 

第2試合

千賀健永

「運命」の ドア叩く音 春疾風はるはやて

⇩ 

運命の ドア叩く音 春疾風
ーーと「」が無い方が良かったという意見が多い。
千賀が「」を付けたのはベートーヴェンの「運命」と特定したかったからなのだが。

 

松山東高 山内ななみ

減便の 航路の島々を 躑躅つつじ

⇩ 

減便の 航路の島々 躑躅つつじ ーーーがいいという意見も

 

○結果 28:28 引き分け

 

第3試合

梅沢富美男

退院の 雲なき空や つばくらめ

 

 

松山東高 武田歩

春空や アポロの飛ばぬ 半世紀

 

 

○結果 28:28引き分け

 

第4試合

中田喜子

さえずりを 合図のごとく 始発来る

 

松山東高 森貞茜

春日の エンドロールや 伊予灘線いよなだせん

 

 

○結果 28:28 引き分け

夏井先生:これは比喩対決だった。
「ごとく」は直喩
「エンドロール」は暗喩

第5試合

立川志らく

自動ドア 開けて子を追う シャボン玉

 

 

松山東高 小川一磨

鉄塊の 森の底飛ぶ つばくらめ

⇩ 夏井先生の添削

つばくらめ 飛ぶ鉄塊の 森の底

 

夏井先生:擬人化 対 比喩 の対決でした。
松山東高小川君、惜しかった。添削の語順としていたら間違いなく勝ちだった。

○結果 30:27 でプレバト

 

まとめ

 

トータル:プレバト141ー139松山東高

今回は新しい試みのスペシャル番組でした。

志らくの句でかろうじて勝利しましたが、高校生相手にプレバトチームが負けたら恥ずかしかったのではないでしょうか?

◆今回筆者が一番気に入った句は
松山東高・小川君の句を夏井先生が添削したもの

つばくらめ 飛ぶ鉄塊の 森の底

でした。

Sponsored Link

 

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2019 All Rights Reserved.