JAZZという音楽の魅力を中心に

11/8のプレバト・夏井先生ご立腹「今回は失敗の見本市?」お題は「京都の渋滞」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

【全ての画像は番組HPより引用】https://www.mbs.jp/p-battle/

Sponsored Link

11月第2週の

プレバト、俳句の才能査定ランキング

お題は紅葉の「京都の渋滞」の写真。

出演者

・森公美子

・あべ静江

・的場浩司

・雛形あきこ

・平野ノラ

特待生は

・千原ジュニア

・中田喜子
「女性初の名人になりたい!」と声を震わせる中田

 

しかし、夏井先生ご立腹とのこと→「今回は失敗の見本市」

Sponsored Link

 

査定結果速報

2位 雛形あきこ

 

秋夕しゅうせきや 続く尾灯に 父想う

⇩ 

夕ぐれの 尾灯に父を 想う秋 

先生:秋夕という言葉はあまり使わない。季語。秋の夕でもいいのだが「や」で強調したかったのは分かる。
意図を聞くと父の思い出と分かったので語順を変えた。
「想う」も俳句では要らない言葉だが、作者の意図を尊重する。

4位→3位 平野ノラ

 

燃える京 特等席や 秋舞台

⇩ 

渋滞を 特等席と して紅葉

千原ジュニア:「秋舞台」って何ですか?
先生:知らない人は、京都の火事を特等席で見物している?と勘違いする。
秋舞台って何?論外!
燃えるが紅葉とは陳腐の極み。
添削のようにすることで、言いたいことは無理やり伝わる。

3位→4位 森公美子

 

変わらぬ景 うつむき見たり 草紅葉

⇩ 

渋滞の 窓より愛でん 草紅葉

先生:変わらぬ故郷の景のことかと思った。その故郷への心情を詠んだ句かと思った。
森公美子が説明した渋滞の車の中から見た、ということなら、、、間違いなく才能なし。
平野ノラより下。順位入れ替え!

渋滞とはっきり書くしかないでしょ!(先生立腹)
一からやり直しましょ。

今週のトッカッータとフーガ(チャララー~)は↓

5位 あべ静江

 

恋紅葉 届かぬ想い もどかしく

⇩ 

届かない 恋よ紅葉よ 青空よ
届かない 恋よ紅葉よ 清水よ

中田喜子:先生から「恋はもどかしいものでしょ」て言われそう。
千原ジュニア:「恋紅葉」ってなかなかに「秋舞台」ですよ。
先生:特待生二人の言葉を基本として押さえたい。
想いももどかしいも要らない。
下5は色々と展開できる。何を入れても良い。

1位 的場浩司

 

渋滞の 窓コツリ京の どんぐりか

⇩ 

渋滞の 窓打つ京の どんぐりか

的場:自分の体験を詠んだだけ。
先生:よく書けている。「渋滞の窓」で状況を説明できている。
一点悩ましい中8を解消したいなら、添削句のように。
「打つ」にしたことで「か」が活きてくる。

Sponsored Link

特待生昇格試験

千原ジュニア

 

秋日和 和日傘回す MAIKOSAN

⇩ 

MAIKOSANに なりきり秋の 和日傘を

千原:外国人が体験舞妓をよくやっている光景を見る。

中田:日傘は夏の季語 和日傘になるとどうなるか?

査定結果は現状維持

先生:季語の扱いが雑!

「秋日和和日傘」と字面の楽しさも分かるが・・・
発想はジュニアらしさが出ているが。

中田喜子

 

渋滞追ひ越す 八坂の冬鴉ふゆがらす

⇩ 

渋滞の頭上 八坂の冬鴉

査定結果は現状維持

先生:いいところまで攻め込んでいるのだが。
渋滞と冬鴉の対比は見事。八坂という地名を冬鴉に持ってくる巧さ。
問題は、作者の位置が不明確なこと。
作者は渋滞の車の中にいることを明確にする。
諸悪の根源は「追ひ越す」だった。
勿体無い。
中田喜子「あっーーーー」と泣く!

◎以上の結果でした。

管理人
的場浩司の句の添削
中田喜子の句の添削
は非常に納得がゆきました!

Sponsored Link

◆2018年になってからの放送分まとめはこちらです。

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2018 All Rights Reserved.