JAZZという音楽の魅力を中心に

3月7日のプレバト俳句は特待生9人の昇格査定スペシャル・お題は「春の号外」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

【全ての画像は番組HPより引用】https://www.mbs.jp/p-battle/

Sponsored Link

プレバト・俳句の才能査定ランキング

3月7日は特別企画として

「俳句の才能昇格査定スペシャル」

現在名人10段梅沢富美男を頂点に18名の名人&特待生が昇格レースを繰り広げているのだが、今回は上位に追いつきたい、早く名人になりたい特待生2級から5級の芸能人9人が集結し、昇格をかけて査定に挑む。
ーープレバトHPより引用

そのお題は「春の号外

出演者

その9人の特待生はーーー

・石田明 (2級) ノンスタイル

・岩永徹也 (4級)

・大和田獏 (5級)

・北山宏光 (5級) Kis-My-Ft2

・柴田理恵 (5級)

・鈴木光 (5級)

・千原ジュニア (3級)

・松岡充 (3級)

・ミッツ・マングローブ (2級)

●立会人は
名人の藤本敏史中田喜子

その中から夏井先生激賞で1気に2ランクアップする特待生も現れるそうです。

Sponsored Link

査定結果速報

 

5級 柴田理恵

 

「犯人逮捕」 干鱈をむしる 母のもだ

⇩ 

直し無し

査定結果:2ランク昇格!5級→3級

先生:干鱈が季語。地域性も見える力のある句だった。
母のもだーー毟ると呼応。
確かに(藤本名人)が言うように黙には食傷気味だが、ここでは黙がちゃんと機能している。

5級 北山宏光

 

新社員 号外閉じて 指黒く

⇩ 

指黒く 号外を閉ず 新社員

査定結果:現状維持

先生:散文的。
あの写真から「新社員」を思いついた発想は強く褒めるべき。
しかし語順が散文の語順。添削句、指のアップから始め「閉ず」で切れを作る。

5級 大和田獏

 

流されし たま鎮めしか 春の海

⇩ 

たましひを 鎮めて春の 海しづか

査定結果:現状維持

先生:残念なのは「流されし」の後に魂が来ること。果たして魂も流されてしまったのか?それは一般的な日本人の死生観にとって違和感がある。
「たましひ」と歴史的仮名遣いを使う。
添削句、祈りのような調べが生まれるのではないか。

5級 鈴木光

 

センター街 滲む号外 春の雨

⇩ 

センター街 号外滲む 春の雨

査定結果:現状維持

先生:まさに映像。ちゃんと材料が揃っている。
残念なのは5.7.5が名詞で3段切れになっていること。
これは語順で簡単に解消できる。(転削)

4級 岩永徹也

 

冴え返る A.I.棋士の 白き腕

⇩ 

冴返る A.I.棋士の 白い腕

査定結果:1ランク昇格:4級→3級

先生:果敢な挑戦!
季語「冴え返る」は「冴返る」が俳句では普通か。
「白き」は文語ではなく口語で「白い」とした方が人工的な雰囲気に合うようだ。

3級 松岡充

 

号外を 放つ手取る手 春疾風

⇩ 

直し無し

査定結果:1ランク昇格 3級→2級

先生:写真をそのまま映像化しようとしている。それが成功して見事な臨場感
動詞を「渡す」ではなく「放つ」としたことを褒める。
放つ手と疾風が呼応している。動作を畳み掛けて躍動感が生まれた。
それと韻を踏んでいる。 なつ とる 

2級 千原ジュニア

 

春疾風 足絡み付く 号外や

⇩ 

絡み付く号外 街の春疾風

査定結果:現状維持

先生:「足」と書かなくても想像できる。
また下5の「や」は座りが悪い。その辺を添削した。
足から街へ、広い空間に拡げると季語・春疾風も活きる。

2級 ミッツ・マングローブ

 

新た御代みよの 見出し立たん 桜真風まじ

⇩ 

新たなる 御代の見出しや 桜まじ

査定結果:1ランク降格:2級→3級

先生:やろうとしたことは間違いではない。
ただ「新た代」は辞書にある名詞。
御は接頭語。「新た御代」がひと塊の名詞と言われると首を傾げる。
文法的に間違っているということになる。

それと、6・6・5のリズムが格調のある内容と合わない。
添削句のように5・7・5にすることが出来る。内容に似合う格調が出る。
真風もひらがなにした方がよく似合う。

2級 石田明

 

春疾風 号外の紐 ほどきたる

⇩ 

直し無し

藤本名人:春疾風 3人目!好きやなー

査定結果:1ランクアップ 2級→1級

先生:映像が見事に描けている。勢いがある。
わざと「ほどきたり」としないで「ほどきたる」と連体形にした点も見事。

■以上の結果となりました。
9人の特待生のうち4人が昇格しました。
特に柴田理恵は2ランクのアップ。
ミッツ・マングローブが降格となりました。

 

Sponsored Link

●2017、2018年のまとめはこちらです。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2019 All Rights Reserved.