JAZZという音楽の魅力を中心に

5/31のプレバト、お題は「更衣」(ころもがえ)梅沢富美男、藤本敏史の2大名人登場

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

【特記無き全ての画像は番組HPより引用】https://www.mbs.jp/p-battle/

Sponsored Link

五月最後のプレバト俳句の才能査定ランキング

「17音にどんな思いを込められるのか」

お題は「更衣(ころもがえ)」:夏の季語だそうです。

梅沢富美男9段、藤本敏史8段が登場。

出演者

・皆藤愛子 (1位を2回とったことがあるそうです)

・立川志らく

・高橋ひとみ

・橋本良亮(ABC-Z)

・向井慧 (パンサー)

特待生昇格試験

・梅沢富美男

・藤本敏史

名人二人のどちらかが、降格になるようです。

Sponsored Link

査定結果速報

3位 橋本良亮

青空と 褪せたダンス着 夏合宿

⇩ 

夏空へ 色褪せた ダンス着を干す

両名人:詰め込みすぎ!

先生:では余計な言葉は?「合宿」でしょう。

2位 立川志らく

更衣ころもがえ シャツに空色 そっと添え

⇩ 

更衣 シャツにほのかな 空の色

更衣 シャツにあえかな 空の色

梅沢名人:残念だったのは「そっと添え」
先生:「添え」で「そっと」という情報は入っていると考えるべき。
形容動詞を使う「ほのか」または「あえか」

4位 皆藤愛子

チャイム鳴り 駆ける袖から 夏の風

⇩ 

チャイム鳴り 駆ける夏シャツ はためかせ

梅沢:中7がおかしい。
藤本:(同じ)袖から風? となる。
先生:両名人の言う通り。
意図したことが伝わるように添削した。

皆藤:風と書かなくても、風が吹くんですね!

5位 高橋ひとみ

陽を浴びて 夏服たちが 出番待つ

⇩ 

太陽や 子らの夏服 出番待つ

藤本:擬人化に手を出すとえらい目に合うんですよ!
梅沢:意味がわからない。
先生:意味はわかるでしょ!

ただ、事実を書いただけ、人はそれは「衣替え」と言う!
そしてヘタな擬人化は止めたほうが。擬人化は高等技術。

1位 向井慧

白南風しろはえに 揺れ干すシャツの バニラの香

⇩ 

白南風に 揺れ干すシャツ バニラの香

梅沢:白南風という季語をよく見つけてきた。
先生:因みに雨を連れてくる風は「黒南風くろはえ」とも言う。勿体無いのは限定の「の」
藤本:浜田がすぐに「に」を言った。
先生:助詞の適否をちゃんと言えるのは、もう俳人です。

Sponsored Link

特待生昇格試験

名人8段 藤本敏史

新緑の 風来てそよぐ 産着かな

⇩ 

新緑の 風に産着の そよぎだす

梅沢:「やっちまったな、中7!」

査定結果:現状維持

先生:言葉の無駄遣い。「来て」が無駄な言葉。

名人9段 梅沢富美男

おさな子の 乳房ふくめる 玉の汗

⇩ 

あまやかや 乳房ふくめる 子の汗は

藤本:梅沢さんだと、エロさが・・・(笑)

査定結果:1ランク降格、名人8段へ下がる。

先生:問題山積み。

お乳飲んでるのは、おさな子に決まっている。
「玉の汗」に違和感がある。
赤ちゃんの汗は本当に甘いいい匂いがする。添削句はそれを表現。

★ーーー★

降格名人は梅沢富美男でした。

これで名人8段に梅沢、藤本、東国原が並ぶことになりました。

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2018 All Rights Reserved.