JAZZという音楽の魅力を中心に

9月5日のプレバト俳句・お題は「回転寿司の秋刀魚」志らくとジュニアは昇格できるのか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

【全ての画像は番組HPより引用】https://www.mbs.jp/p-battle/

Sponsored Link

9月に入りました。

9月最初のお題は「回転寿司の秋刀魚

出演者

・森昌子

・宮尾俊太郎 (バレエダンサー)

・ゆきぽよ

・相田翔子

・石野真子

初登場の二人

 

夏井先生:「近年まれにみる出来の悪さ。一体どの句を誰が作ったんだ!
と酷評。才能ナシが3人だそうです。

 

特待生

・立川志らく1級

・千原ジュニア1級

名人にリーチの二人

Sponsored Link

査定結果速報

 

3位 ゆきぽよ

 

秋の風 煙が乗って 目が染みる

⇩ 

秋刀魚焼く 煙の染みる 夕の風

志らく:秋刀魚かどうか分からない。
ゆきぽよ:秋刀魚と書かないで表したかった。
先生:10年早い。書かなくちゃ!。

みんな:このぽよより下がまだ二人いる!

2位 石野真子

 

きたきたと 豊漁まわる 皿の秋

⇩ 

回りくる 皿豊漁の 皿の秋

先生:問題なのは語順。これでは誤解される。漁場にいるのかと思ってしまう。
添削句、「きたきた」は諦めてもらって、句またがりとして、皿をリフレイン(ぐるぐる廻る雰囲気)した。

4位 森昌子

 

秋の駒 寿司屋行く前 握り飯

⇩ 

寿司屋行く 前におにぎり 食わす秋

森昌子:食べざかりの子供を駒(馬)に喩えた。
志らく:今話しを聞くと分かったが、何で馬が寿司屋に?と思う。
先生:比喩していたら意味が通じなくなる。
わざとぞんざいに「食わす」とする。

5位 相田翔子

 

取りそこね 流るる秋刀魚や 箸むなし

⇩ 

箸むなし 秋刀魚の皿を 取りそこね

先生:写真を見てるから想像できるが、字面だけ見ると秋刀魚漁のことかと思い読みてはきょとんとなる。
添削のようにすれば、何を言いたいか分かるが、そうしても、ひねったあげく普通の所に着地した。「むなし」は入れたいようだから残した。

1位 宮尾俊太郎

 

回転寿司 根室さんまの ボレロかな

⇩ 

直し無し

先生:前半は、素直に書けば良い、という見本のよう。
次に季語を含んだ地名が出てくる。そしてボレロという比喩が現れる。
こんな句は下手に直すと大変なことになる。

Sponsored Link

特待生昇格試験

立川志らく

 

秋刀魚寿司 廻りて外の 雨斜め

⇩ 

回転寿司 とぎれて秋の 雨斜め

査定結果は現状維持!

先生:秋刀魚である必要があるのか?ということになっている。
雨斜めという表現はさすが。ここがポイント。
であれば、別に秋刀魚でなくとも良い。
志らく:「とぎれて」と言われた時、息の根を止められた。「それだ!」と。

千原ジュニア

 

回転寿司 醤油注しけり 待つ秋刀魚

⇩ 

小皿に醤油 回転寿司 待つ秋刀魚

査定結果:現状維持!

先生:「注しけり」は言う必要がない。それがあることで「待つ」という動詞の勢いを阻害している。

ーーー

残念な回でしたね。
5人も出来が良くないし、
特待生二人も昇格できる句ではありませんでした。

Sponsored Link

 

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2019 All Rights Reserved.